GINZA2月号付録 銀色タイツの「フチ子」が話題

写真拡大

 ファッション誌GINZA(ギンザ)が、200号記念の2014年2月号で「コップのフチ子」を特別付録にして話題を集めている。「ギリギリが好き」なフチ子は、逆さ直立状態で銀色タイツ姿を初披露。SNSでは「#うちのフチ子」とハッシュタグを付けた読者からの写真の投稿が相次いでいる。

GINZAの付録「フチ子」が話題の画像を拡大

 コップのフチに舞い降りた天使「コップのフチ子」は、「オッス!トン子ちゃん」や「バカドリル」で知られるマンガ家タナカカツキと玩具メーカー奇譚クラブが共同開発した。今回のGINZAのフチ子は、Gと胸元にロゴが入ったショッキングピンクのスーツとシルバーのタイツを着用しており、誌面には「あなたの街にもやってくる!?フチ子がGINZAに舞い降りた!!」と題したフチ子物語も掲載。TwitterやInstagramでは、「寝てるうさぎを偵察中」「犬に転がされる」「みかんの上」「雪の中」「箸置き代わり」など多彩な「うちのフチ子」が紹介されている。

 2011年5月号からアートディレクターの平林奈緒美とともに誌面のリニューアルを行なってきたGINZAは、次号の2014年3月号から新たに阿部洋介(tha ltd.)をアートディレクターに起用。阿部洋介は、これまでに「UNITED 世界を変える ARROWS」や「デザインあ展」など多岐にわたり活躍している。