W杯札幌大会初日の1月11日は降雪の上に風もクルクル変わり、選手がスタートを待たされることが多かった。その中でも1本目にW杯ヒルレコードの99mを飛び、ただひとりゲートを1段(50cm)下げた2本目も94.5mながら飛型点とウインドファクターの差で、2位に14点近くの大差をつけて圧勝した高梨沙羅(クラレ)。サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)が持っていたW杯最多優勝記録の13をアッサリと更新したが、翌12日の試合は安全を意識したジャンプで勝負に臨んだ。

 その理由は朝からの降雪で条件が厳しくなっていたからだ。1本目のあとに高梨が「彼女のジャンプは最初から最後まで見ていたので心臓が止まりそうになりました。仲間がああいうことになったのが心配で、すぐには自分のことに集中出来なかった」という、山田優梨菜(白馬高校)の転倒があった。

 さらに高梨が飛ぶ直前には、前日2位に入り、W杯ランキングも2位にあげていたカリナ・フォークト(ドイツ)も、90mを飛んだが転倒していた。ランディングバーンで積もった雪に足を取られたのだ。

「1本目はまずまずのジャンプだったけど、転倒する選手もいたので転ぶのだけは絶対に避けようと思って安全に着地しました」

 こう話す高梨は向かい風を受けて97mまで飛距離を伸ばすと、あえてテレマークを入れずに着地。飛型点は16〜17.5点(20点満点)に止まったが、2位につけた伊藤有希(土屋ホーム)に7.9点差をつけてトップに立った。

 そして2本目にはひとり前で飛んだ伊藤が、いい踏み切りをしながらも横からの突風に叩かれて81mに止まると、その時点でトップに立っていたコリン・マテル(フランス)との点差を考えて安全圏だと判断した小川孝博チーフコーチはゲートを1段下げた。横風もある難しい条件だったが、91mに着地。2本目に限れば、93mを飛んだリンゼイ・バン(アメリカ)に0.2点差及ばない2位だったが、合計ではマテルに27.3点差をつけて圧勝。W杯勝利記録を15に伸ばした。

 しかし「2本目のジャンプはイメージしていた距離より短かった。自分では何が影響したかわからない」と、高梨は不満気な表情をみせた。

 昨季まではゲートを下げれば、ゲートファクターで1mにつき6点の加点をもらえていたが、今季からはコーチリクエストでゲートを下げた場合、ヒルサイズの95%の距離を飛ばなければ加点はもらえないルールに変更されている。高梨の場合は前日の2本目もそうだったが、ヒルサイズ100mの宮の森で95mに届かなかったため、加点をもらえなかったのだ。

 それも小川コーチが高梨の安全を優先したからこそ。勝てる状況なら無理をさせる必要はないと判断した。ソチ五輪までの課題も「敵はケガと体調管理だけ」と言い切る。また高梨も「見ている方からすればより飛んだ方が楽しいと思うから飛距離を出したいが、体のことを考えると飛び過ぎるのは危ないので」と話した。

 小川コーチがそこまで自信を持つ理由は、今季W杯7戦6勝という強さと昨シーズンまで課題にしていたテレマークを強く意識出来るようになっただけではない。ジャンプ台への対応も「去年までは失敗ジャンプをすると『何でだろう』と悩んでいたが、今年は建て直すのが早くなった」と彼女の成長を認めているからだ。

 昨季は難しいジャンプ台であるリュブノ大会(スロベニア)でW杯総合優勝を決めたが、その直後の世界選手権では、プレダッツォ(イタリア)の緩やかな斜度のジャンプ台での公式練習1本目で失敗してしまった。そのモヤモヤを試合当日の試技まで引きずり、本番1本目のジャンプでやっと笑顔を取り戻していたほどだった。

 今季はソチ五輪で使用するジャンプ台と同じような、R(台の曲線)で重力を感じにくい1月4日のチャイコフスキー大会(ロシア)で、氷点下20度という寒さもあって助走の感覚を少し狂わせていた。

 助走路を氷で固めるクーリングシステムが設置されたばかりの宮の森だったが、初日の練習からいい時の感覚を取り戻していた。本人も「去年の世界選手権では失敗したので、同じ失敗を繰り返さないように心がけている」と話し、今年は助走時のRで感じる重力の変化についても、以前より感覚が研ぎ澄まされているという。

「昨シーズンのソチの試合(2012年12月)は2位と3位で、高梨も『踏み切りのタイミングがとりにくい』と少し苦手意識を持ったようだが、昨年10月のロシア選手権で優勝して慣れてきていると思う」と小川コーチは言う。

 このあと18、19日に行なわれるW杯蔵王大会は、改修されてソチと同じようなプロフィールになったジャンプ台で、練習が出来るという利点がある。続くW杯はスロベニアのリュブノ大会だが、その直後には昨季の世界選手権と同じプレダッツォでの世界ジュニアに出場する。さらにW杯のヒンゼンバッハ(オーストリア)は新設のジャンプ台でソチと同じようなプロフィールになっている。その点でも万全な準備は出来そうだ。

 札幌大会でも試合後のインタビューで「ソチ五輪へ向けて不安な部分はないか」という質問に「ないです」と言い切った高梨。ソチへ向けての視界は、大きく開けている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi