オモイメグラス_R

OneEightRecordsLogo

2012年9月に新設されたインディーズレーベル『ONE EIGHT RECORDS』
アーティストの意志、自主性を大事にし、地力本願であり、自力本願をテーマとしている。
リリースアーティストはひとクセもふたクセもある音楽家ばかりだ。


2013年3月には、レーベルの名刺代わりのコンピレーションアルバム『営業下手の音楽家達のかっこいい音楽』をリリースし、オリコンインディーズチャート6位を獲得。
売上は3000枚を突破している。


そんな『ONE EIGHT RECORDS』から、2014年1月15日に『空想委員会』と『オモイメグラス』の2組がリリースを迎える。

-----------------------------------------------

想い、廻らす。
卑屈で、真っすぐで、ノンフィクション。
ジャケットやホームページ、MVやグッズまで全てのアートワークも表現の一つと考え、メンバー自身が手掛けている。
2012年5月の結成とまだ若いバンドながら、2013年5月には早くも全国リリースを果たし、少しずつロック系リスナーの間で名を知られる存在となってきている。
そんなオモイメグラスが早くも2nd mini albumをリリースするという。
新作に込めた想いや、リリース後の展望について聞いてみた!


<メンバー>
祐(Vo&Gt)
ナンリ(Gt)
リョウスケ(Ba)
さとうけいた(Gt)


―――初めてのVVインタビューという事で、まずはオモイメグラスの結成について教えて下さい。


<祐>
元々私とナンリが福岡でアコースティックユニットとして活動していたんです。
コレちゃん(Baリョウスケの愛称)も、私と同じ大分の出身で、福岡のライブハウスで出会ったんです。
アコースティック時代に1回サポートもしてもらったんですけど、良いベーシストだなと思って・・・。
私とナンリは3年ほど前に上京したんですが、ふと思う事あって、ロックバンドがやりたくなって、コレちゃんが上京するタイミングで結成しました。


<ナンリ>
最初はドラマーだけいなくて、サポートでウチのレーベルの代表でもあるテディさん(空想委員会のサポートドラム)がレコーディングは叩いてくれたり、他のドラマーさんにライブを叩いてもらったりしていたんですが、2013年からさとうさんが加入して、やっと本格始動出来たという感じですね。


―――ちなみにさとうさんの加入の経緯は?

<祐>
さとうさんが別のバンドで叩いている姿を見たときに、物凄くかっこよくて印象に残っていて。
それで紹介していただいて・・・ですね。


―――オモイメグラスの音楽は一言でいうとどんな音楽なんでしょう?


<祐>
たまにライブでも話しているんですが、恋愛の歌や人様を励ます歌も得意じゃなくて・・・。
それこそアコースティックユニット時代は、フィクション・物語を歌う事がほとんとでしたが、オモイメグラスで歌っている事は全てノンフィクションです。
いつだって、対自分への、どうしようもない感情。
自分と周りを比べて、卑屈になってしまうところを切り取って歌っていますね。


<さとうけいた>
僕は後から加入した身ですが、サウンドに関してはとにかく斬新だなという印象でしたね。
ちゃんと今のロックシーンのサウンドも取り入れているんですが、このバンドにしか出せないものをしっかり持っているなと感じました。


―――なるほど。リョウスケさんは全然喋りませんが、オモイメグラスの音楽はどうですか?


<リョウスケ>
よくわかんないデス。あ、うそデス。カッコイイと思います。ハイ。


<祐>
あ、気にしないで下さい、彼、基本こんな感じなんで(笑)


<リョウスケ>
暗い中に差す、光一点(コウイッテン)って感じデスね。
あ、祐さんの事じゃないんで。ハイ。音楽の話デス。


<祐>
・・・彼、基本こんな感じなんで(怒)


―――ふ、不思議な方ですね。オモイメグラスは音楽だけじゃなく、全てのアートワークをメンバー自身で手掛けているんですよね?


<祐>
はい、グッズとかPVもですし、リリースする時にお店の方用に作る紙資料まで作ってます。メンバーでこれを作るバンドさんってあまり居ないとは思うんですけど(笑)
最近では新作のリード曲の『サヨナラ△』のMVの小道具なんかも作りましたね。


<ナンリ>
ホームページなんかは僕がやってます。


<祐>
やりたがりなんです(苦笑)
一番純度の高いオモイメグラスを作る事が今は一番かなと思いまして。

_R


_R

―――新作、『コラージュとして切り取られ、残された側』について聞かせて下さい。
どんな作品になっているのでしょうか?


<祐>
これはもうタイトルのままなんですが、主役がコラージュ作品なら、それの残された背景だったり余白だったりを切り貼りしたような・・・そんなイメージです。
最初はこのタイトルで1曲の歌詞として書いたんですけど、紆余曲折あってそれがバラバラの曲に散りばめられる事になって、アルバムのタイトルになりました。だから最初、このタイトルだけが先に出来ていたんです。
サウンドとしては、結構ベースが攻めていますね。


<リョウスケ>
再生って曲の、ファーーーーー!っていうのがかっこいいデス。


<ナンリ>
変わった音色を使ってます(笑)
結構オモイメグラスはベースが前に出てきますね。
ギターを差し置いて・・・。


<さとうけいた>
インテリジェンスというかなんというか・・・最初にも言いましたけど、オモイメグラスの斬新さが凄く出ているアルバムになったと思います。


―――リリース後には、初のリリースツアーも行うそうですね?

<祐>
はい、初のツアーです。緊張しています(苦笑)
ライブも、暗い暗いと言われたりしますが、楽しいだけじゃなくちょっと考え込むような・・・
想い、巡らしてもらえたらいいなと。スッキリしなくていいんです(笑)


<ナンリ>
福岡では、初のワンマンライブも決まっています。
メンバーは九州出身が多いですし、次は九州ツアーもやりたいので、まずはこのワンマンライブに九州中から集まってもらえるうように頑張りたいですね。


<祐>
ライブではベースのリョウスケ氏の動きにも注目して下さい。
このインタビューの文字でどこまで伝わるかわからないですけど、ベースプレイはもちろんですが、色々凄いんで(笑)
普通のライブハウスのライブなのに、1回のライブでTwitterのフォロワーさんが100人近く増えた事があるんです。

_R

_R


―――それでは最後に、ヴィレッジヴァンガードとのコラボが実現するならやってみたい事はありますか??


<祐>
オモイメグラスは音楽だけじゃなく、アート系の事も沢山やっているので、せっかくならアートの方でコラボしてみたいですね。


<さとうけいた>
商品のポップとか祐さん作れそうだよね?


<祐>
絶対作れます。むしろ、やってみたいです(笑)
1コーナー作らせて欲しいです!


<リョウスケ>
あの〜実は僕ヴィレヴァンによくいるんデス。
しょっちゅうウロウロしてます。色んな物あってめちゃ楽しいんで。ハイ。


<ナンリ>
最後に以外な事実発覚ですね(笑)


―――空想委員会のインタビューはこちら!

item_142616_l


【1/15発売】オモイメグラス/コラージュとして切り取られ、残された側【VV初回限定特典有り】【予約受付中】
http://vvstore.jp/i/vv_000000000058989/

オモイメグラス.2nd mini album 『コラージュとして切り取られ、残された側』 2014年1月15日発売
OECD-0007 \1500(税込)

<収録曲>
1. サヨナラ△
2. 水槽の街に泳げない僕
3. パロー音のパレード
4. ReS-03
5. 青緑の森の海
6. 雨だれ弾く爪
7. 再生▶
8. 今夜、決めた事

<ヴィレッジヴァンガード初回盤購入特典>
映像を用いて想い廻らす。2(PV+特典映像収録のDVD-R)


<サヨナラ△MV>


<ツアースケジュール>
2/8 渋谷CRAWL
2/17 名古屋CLUB UPSET
2/27  神戸VARIT
2/28 京都 磔磔
3/9 福岡glaf(ワンマン)
3/21 仙台enn 2nd&3rd
3/22 新潟CLUB RIVERST
3/24 高松MONSTER
4/3 下北沢ReG


<オモイメグラスホームページ>
http://omoime-gurasu.jp/