ロエベ、素のペネロペ・クルスを映した最新キャンペーン公開

写真拡大

 「LOEWE(ロエベ)」が、2014年春夏の広告ビジュアルとメーキングムービーを公開した。イメージモデルには前回に引き続き、ブランドアンバサダーを務めるオスカー女優ペネロペ・クルスを起用。バロック色を取り入れたこれまでの広告ビジュアルから一転して今シーズンは、クリーンでピュアな雰囲気を表現した。

ロエベの最新広告ヴィジュアル公開の画像を拡大

 春夏の広告キャンペーンは、普段の印象とは異なる素のペネロペ・クルスが持つナチュラル感や優しさを引き出すことをテーマに制作。フォトグラファーは7シーズン連続でマート・アトラ、アートディレクションはレレ・デル・ファッブロ、スタイリングは、「VOGUE USA」や「W Magazine」で活動するアレックス・ホワイトが手掛け、パワフルでモダンな女性像を継続しながら、よりカジュアルでリラックスしたイメージに仕上げた。男性モデルはワウテル・ビーレンが務め、強い個性を持った男性像を表現している。

 今シーズンの広告キャンペーンでは「スキン」コレクションのバッグを中心に展開。ブランドのアイコンカラーでスペイン語ではゴールドを意味する「オロ」カラーのアイテムが全体を彩っている。