就活での会社の選び方について語る前刀禎明氏

写真拡大

 アップルではスティーブ・ジョブズ氏の信頼を得て、世界戦略の策定とマーケティングに大きく貢献した実業家の前刀禎明さん(55才)。それ以前は、ソニー、ウォルト・ディズニー・ジャパン、AOLジャパンを経て、ライブドアを創業とジャンルの違うさまざまな企業を経験してきた。そんな前刀さんに、学生は仕事をどう選ぶべきかを聞いた。就活に悩む学生は、いかにしてやりがいのある仕事を見つけたらいいのだろうか?

――現在は人材教育に関する仕事に携わっている前刀さんから見て、今の学生について思うことは?

前刀:今は知識が豊富でそつがない学生が多いですね。インターネットでいくらでも簡単に情報が取れるので、同じ情報を共有しがち。われわれの学生時代には、個性が強くてとんでもないこと言う学生がいましたよ。というのは、その情報が現実的かどうかも調べる術がなく勝手に妄想できたからです。今の学生は、あらゆる情報にアクセスできるがゆえの不自由さがあります。ネット断食じゃないですが、すぐにネットで調べる前に考えるということを絶対やったほうがいいと思います。自分がいろんなことを想像する力がつくので。今はそれが本当になくなっていると感じています。

 例えば、少し前に雑誌や書籍で流行った“スタンフォードの〜”や“ハーバードの〜”というマジックワードに傾倒する学生が多かったですが、学生に限らず、何かこれがいいと言われたことに対して、みんなが同じ方向を向いて取り組んでしまう。ぼくが“Think different=自分らしくあれ”と言うのは、あくまでも個人が自分の価値観を大切にして生きる。その結果、世の中から求められる自分ならではの強み、“スイートスポット”ができることを意識してほしいからです。

――ある部分では、外部の情報から離れるのも必要だということですね。

前刀:必要な情報なんてそんなにないですよ。人の意見に毒されないこと。それはある意味訓練、意識ですね。もうひとつは、調べることによって物事を効率的に進められますが、無駄骨折りたくないとか、あんまり効率を重視しているのもよくない。今、みなさん失敗をすごく嫌がりますよね。失敗は、確かにその時はマイナスな出来事かもしれないけど、失敗してもいいじゃん!と恐れない気持ちが大事です。最近の悲しいトレンドですが、就活に失敗して自殺する子がいますね。考えられないことですが、それはそれまでに失敗したことがないからこそ、ショックが大きいのだと思います。

――確実に求められ、自分の強みを活かせるスイートスポットの見つけ方とは?

前刀:世の中に求められてるものと自分の強みが重なるところって絶対にあるんですよ。他の人とも重なってしまう濃い部分は、激戦のレッドオーシャン。ここを追いかけてもしょうがないんです。溢れている情報は、ここは誰も見てないところだよね?というふうに、物事を削ぎ落していくために使ったらいい。そうするとスイートスポットが見えてくる。強みを知るには、まず自分を知ることです。

――見つけられない人はどのようにしたら?

前刀:自分がやっていて楽しいと思う瞬間や、感動する瞬間。それは、自分の価値観です。そこが意外と強みのきっかけになっていくんです。なぜ見つけられないかというと、自分の素直な感性や感動したことよりも、世間一般でいわれていることを優先するから、自分がどんどん見えなくなっていく。才能のない人なんていない。人生で身に降りかかってくる運、不運だって人と大差ない。どう活かすかですから。

――若い人たちがこれからを生きるために必要な力とは?

前刀:デジタルなものに何も毒されない、自分らしくいる力、自分を信じる力ですよ。それこそ東日本大震災の時なんて、被災地のかたは「個力」と言っていましたね。生死をさまようぎりぎりのところで生きようというときには、デジタル依存度が高いことよりも個人の力が大切だと思います。

 あと、「どうせ自分なんて」って絶対に言っちゃダメ。何を取り組むにもそこに楽しさを見出すことができるかどうかが大切です。人生で壁にぶち当たった時に乗り越えたらそれは力になるし、自信になるんですよ。運動で体幹を鍛えるように、心にも幹をしっかり持つこと。もっと、いい意味で自己中になってほしいですね。

――学生が仕事選ぶうえで大切にしてほしいことは?

前刀:仕事を選ぶときには、自分はどんな仕事をするとうれしいか、感動できるかを考えるといいでしょう。情熱を持てる仕事ってつきつめていくと、自分の心がうれしい、感動するものなんです。例えば、ぼくが転職する時には、すごく給料がいいといわれてもB to B(会社対会社取引)の仕事には就かないと思うし、情熱を燃やせるのはB to Cのコンシューマー向けだと思うのでそちらを選びます。価値感の話で言うなら、ぼくはかっこ悪いプロダクトを作ってる会社では働きたくないんですよ。つまり、自分の価値観を基準に見極めてほしいということです。

 世の中的に成長産業はここだとか、そんなのはどうでもいいんです。自分が入って成長させればいいだけのことですから。画一的な考えを持つ人は「そんな衰退産業やってどうするの?」と言いますが、かつてのバブル期の長銀、興銀がつぶれるとは誰も思っていなかったように世の中は変わるわけだから、そんなことに囚われなくていいんです。今の価値観で判断していいものは、これから先、いい状態であり続ける保証はない。裏を返せば、今あまり注目されてないものが、ものすごく注目されるかもしれないということです。

【前刀禎明(さきとう・よしあき)】
1958年生まれ。愛知県出身。慶應義塾大学大学院管理工学修士課程修了。人材教育会社リアルディア代表。『めざましテレビ』(フジテレビ系)で独自コーナー「さきつぶ」を担当。ソニー、ウォルト・ディズニー・ジャパンなどを経て1999年にライブドアを創業。2004年にアップル米国本社のマーケティング担当副社長に就任。同年アップル日本法人代表取締役を兼務。近著に『人を感動させる仕事』(大和書房)。