立川ブラインド工業(株)では、プリーツスクリーン「ペルレ」の生地ラインナップを拡充、昨年発売したプリーツスクリーン「ゼファー」「フィーユ」で展開している意匠性の高いデザイン生地「和歌」「和美」などを追加し、2月3日(月)に新発売する。
生地シリーズ「和歌」「和美」は、和の空間との親和性を追求したシリーズ。「和歌」は百人一首の歌をモチーフにしたプリント柄シリーズ(6柄13アイテム)で、ドレープと同じモチーフをあしらったレースを用意しており、1台に2枚の生地をつけるペアタイプにすれば、プリーツスクリーンの動きに合わせて葉が散るさまを演出できる。一方の「和美」は光を受けて柄の見え方が変わる織物シリーズ(5柄14アイテム)で、色糸と光沢糸を使用したジャガード織物で巧みに織り組織を変えて柄を表現しているため、光のあたり方により昼と夜とで柄の見え方が変わるのが特徴である。
この他、「遮熱」や「蓄熱」などの省エネ生地も追加し、全55柄302アイテムでの展開となる。