大手報道、一斉に1年前のニュースを今頃報じる―ブラジル18歳少女の「処女競売」

写真拡大

2014年1月13日、複数の報道が、「ブラジル東部に住む18歳の少女が、寝たきりの母の介護費用を稼ぐため自分の処女を競売に出した」というニュースを一斉に報じた。

【関連:大手メディアが求める「オタク像」には違和感を覚える】

ブラジル18歳少女の「処女競売」報道1


渦中の人は、各社報道によると「レベッカ・ベルナルドさん(18歳)」。

日々ニュースをチェックしている人ならば既にここでお気づきかと思われるが、実はこの話題、昨年の今頃のものである。

なぜそれが今回“最新ニュース”として扱われたのかは不明だが、記事によるとCNNニュースを情報元にしているという。
そして、情報元のCNNニュースを確認すると、2013年1月2日付け。間違いなく1年前……。

まあ、記事内容に誤りはないが、流石に1年前。しかも大きく報じられてしまっている。せめて「1年前のニュースを今頃報じてみました」くらいの追記は必要じゃないだろうか……。と思う。

参考・引用:
共同通信社「母介護のため「処女」競売 ブラジルの18歳少女」(2014年1月13日付け)
CNNニュース「Brazil teen: Have my virginity for the right price 」(2013年1月2日付け)
CNN「ブラジル女子高生が「初体験」をネットで競売 議論呼ぶ」(2013年1月3日付け)