ストリートファッションフォトの先駆者ブライアン・ダフィーの写真展開催

写真拡大

 1960年代から70年代にかけて活躍した英国人ファッション・フォトグラファーBrian Duffy(ブライアン・ダフィー)の写真展「DUFFY... PHOTOGRAPHER(ダフィー・フォトグラファー)」が、1月24日から3月29日まで目黒区のブリッツ・ギャラリーで開催される。デヴィッド・ボウイを撮影したシリーズなど、厳選された作品約40点を展示する。

ブライアン・ダフィーの写真展の画像を拡大

 Brian Duffyは、それまで主流だったスタジオでのポートレート撮影ではなくドキュメンタリー的なファッション写真で業界の基準を大きく変えたとされるストリート・ファッション・フォト先駆者の一人。1957年から63年まで英・ヴォーグ誌に携わった後、仏・エル誌など英国以外の雑誌・新聞でも活躍し、ジョン・レノンやポール・マッカートニーら数多くのセレブリティーを撮影してきた。デヴィッド・ボウイが74年に発表したアルバム「Aladdin Sane(アラジン・セイン)」ではジャケット写真を手がけ、2013年夏にロンドンのヴィクトリ&アルバート美術館で開催されたデヴィッド・ボウイの回顧展「David Bowie is」 でメイン・ヴィジュアルに「Aladdin Sane」のアザーカットが使用されたことで、再び脚光を浴びることになった。現在では世界各地で写真展が開催されている。

 国内初開催となる「DUFFY... PHOTOGRAPHER」では、息子のクリスが再発見したネガなどを保存しているダフィー・アーカイブから提供されたエステート・プリント作品を展示。1963年に撮影されたジーン・シュリンプトンや1962年のヴォーグ誌の写真など、当時の雰囲気が楽しめる作品群で構成する。入場は無料。

■「DUFFY… PHOTOGRAPHER」
会期:2014年 1月24日(金)〜 2014年3月29日(土)
   1:00PM〜6:00PM ※休廊/日・月曜日
会場:ブリッツ・ギャラリー
   東京都目黒区下目黒6-20-29
   03-3714-0552
入場:無料