【証券会社比較】 松井証券のおすすめポイントはココだ!

写真拡大

松井証券は、1948年に証券業に登録した老舗証券だ。インターネット取引「ネットストック」を開始したのは1998年のこと。以来、「預株」「無期限信用取引」「一日信用取引」など、業界に先駆けて独特なサービスを打ち出してきた。他の証券会社とはひと味違う個性的なサービスを提供しており、ぜひ、口座を開設して、そのメリットを享受してほしい。ここでは3つの個性派サービスを紹介しよう。

おすすめポイント1→フル活用したい「無料」サービス

◆10万円以下の株取引は手数料なし

 松井証券には、「無料」で利用できるサービスがいくつかある【図1】。

 たとえば、現物株や信用取引の手数料は、1日の約定代金が10万円までならば無料。これは他の証券会社には見られないサービスだ。たとえば、「ETFを毎月1万円ずつ積み立てよう」と考えた時に、毎月手数料無料で積み立てができるのだ。長期的に考えればコストの大幅節約ができる。

◆信用取引ならデイトレーダー御用達

 2013年から信用取引では、1日の中で実質的に同一資金による回転売買が可能になった。そこで、デイトレーダーに大人気となったのが「一日信用取引」だ。

 「一日信用取引」はデイトレードならば、新規建て、返済手数料が無料となるサービスだ。金利に関しても買い方金利で2%と業界最低水準、約定が300万円以上ならば金利も0%となる。一日信用取引口座は、2013年の1月時点で9000口座弱だったが、12月には約3万口座と急増し、人気が継続している。

 一般信用取引では、売り建てもできる点が特徴だ。2014年1月10日時点では685銘柄の売り建てが可能だ。制度信用取引では、売り建てできない銘柄についても、空売りできるチャンスが広がっている。

◆NISA口座無料はキャンペーンでなく「恒久」

 NISA(少額投資非課税制度)口座の場合は、現物株の売買手数料が恒久無料。一般的に他の証券会社が、当初の1年間のみキャンペーンで無料となっているため、松井証券はお得感がある。

>>>松井証券の口座開設はこちらから!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)