絵画館で世界最高峰時計ブランドパテック フィリップの特別展

写真拡大

ハンガリーの伯爵夫人が愛用したスイス初の腕時計、ロンドン万博で英国のヴィクトリア女王に献上されたペンダント・ウォッチ、キュリー夫人へ贈呈するためにジュネーヴ芸術協会が購入したペンダント・ウォッチ・・・。これらに共通するのは、全てが世界最高峰と言われるスイスの時計ブランド「パテック フィリップ」のタイムピースであること。

2014年に創業175周年を迎えた「パテック フィリップ」は、1月17日(金)〜19日(日)の3日間、明治神宮外苑の聖徳記念絵画館で、これらの貴重なミュージアムピース(スイス・ジュネーヴの「パテック フィリップ展ミュージアム」に所蔵されている偉人の愛用品など、歴史的な価値を持つ時計)など約100点を展示する創業175周年特別企画「パテック フィリップ展〜歴史の中のタイムピース〜」を開催。

今年はスイスと日本が国交を結んで150年という記念の年でもあるけれど、150年前の日本はと言えば幕末から明治維新に向かう激動の時代。そこで、明治天皇の生涯と同時代の歴史的光景を描いた絵が並ぶ「絵画館」という、ゆかりの深い場所での展覧会開催が実現。幕末の動乱期から近代国家へ向かう時代の絵画と、同時代に生まれたタイムピースの数々が、時を超えて同じ空間に集うことに。

伝統的な時計製作技術を守り続けるとともに、新素材や革新的な技術開発を続けるパテック フィリップ。その技術力はもちろん、七宝や彫金、宝石に彩られたジェムセッティングなど、ため息の出るような美しいタイムピースは、一見の価値あり! 特別なタイムピースに出会う、ひとときのタイムトラベルはいかが?