次の買い場に備え、キャッシュの準備をしなさい

写真拡大

【今回のまとめ】
1.新年に入ってからの米国株は「景気が強すぎる」という懸念から安い
2.失業率が改善し過ぎるとFRBのターゲットに到達してしまう
3.FRB議長交代期は市場がピリピリする
4.株式の投資家は、慢心し過ぎ

新年に入ってからの米国市場は軟調

 新年に入ってからの米国株式市場は軟調な展開です。2014年に入ってからの2日間の立ち合いでダウ工業株価平均指数は−0.64%、S&P500指数は−0.92%、ナスダック総合指数は−1.07%下落しました。

 アメリカの株式市場が軟調に始まった原因は、皮肉にも米国経済が予想より強いという印象が投資家の間に広まっていることによります。

 先週木曜日に発表された新規失業保険申請件数は+33.9万件で予想の+34.5万件より少なく、景気の強さを印象付けましたし、12月のISM製造業景況指数も57.0と予想の56.9を上回っています。


 これは(ひょっとすると次の雇用統計で失業率がまた急改善する可能性があるのでは?)という考えを投資家の間に植え付ける効果がありました。

失業率が鍵に

 前回の失業率の発表(11月)では失業率が一挙に0.3パーセンテージ・ポイント改善して7.0%になりました。

 かねてからバーナンキ連邦準備制度理事会議長は「失業率が6.5%になったら、量的緩和政策を再考する」と述べてきました。するとこのターゲットに達するまで、あと0.5パーセンテージ・ポイントしか無いわけです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)