2014年の初戦「ソニー・オープン・イン・ハワイ」は予選落ちに終わった石川遼。2日目はフェアウェイキープ率最下位になるなどふがいない内容での終戦に、急きょ欠場予定だった次戦「ヒューマナ・チャレンジ」への出場を決めた。
 それでもこのオフからつちかったゴルフへの自信は揺るがない。ホールアウト後石川は予選落ちの主たる原因に試合勘の欠如を挙げた。ゆえに次週への緊急参戦を決めて試合勘を早く取り戻していく構えだ。
 「ヒューマナ・チャレンジ」はプロアマ形式の戦いで通常とは異なるフォーマットとなる。昨年米ツアー本格デビュー戦となった同大会で再スタートを切る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>