【クラブ・部活・サークル活動編】自己PRの書き方

写真拡大

自己PRのテーマとして選ぶことが多いのが、学生時代のクラブ、部活活動や大学でのサークル活動です。クラブ・部活・サークル活動をテーマにした自己PRの書き方を紹介します。

自己PRすべきクラブ・部活・サークル活動

クラブ、部活、サークルでの活動内容は自己PRになりません。その経験を通じて何を学んだのか、どのように仕事に活かすことが出来るのかを伝えることが大切です。

自己PR書き方のポイント

何の部活か?
どんな部活内容か?
部活ではどんな目標があったのか?
目標を達成するためにどんな苦労があったのか?
目標を達成するためにどんな努力・改善を行ったのか?
目標は達成できたのか?
活動を通じて学んだことは何か?
その経験を仕事にどのように活かすことが出来るのか?

スポーツ系は、ストーリーがわかりやすいので、困難な目標を立てます。
その目標を達成するために、あなたが行った努力を具体的に書きます。
その結果、目標を達成することができた・できなかったを書きます。目標のレベルによりますが、甲子園で優勝しなくても得たことはありますよね。結果よりもその経験を通じて何を学んだかを伝えることが大切です。
最後に、学んだことをどう仕事に活かすことが出来るのかを伝えます。

スポーツ系の自己PR例

わかりやすく甲子園に出場するまでの例としてみましょう。

高校で甲子園を目指すために、●●高校の野球部に入りました。

野球校だったために、1年目は3軍からのスタートでした。

周りは中学のエース級がたくさんいたため、彼らよりも多く練習が必要でした。

そこで、私は●●(素振り千本など)の練習を毎日するという目標を立て、1日も休むことなく練習に励みました。

途中、投げ出したくなることもありましたが、●●に気をつけることで目標を達成することができました。

努力の結果、2年生には1軍に昇格し、あこがれの甲子園に出場することができました。

甲子園では1回選で敗退してしまいましたが、私は甲子園に出場することを通じて、●●することの大切さを学びました。

最後に、甲子園で得た●●を仕事で■■に活かすことができます。

自己PR書き方のポイント(文化系)

どんな活動を行ったのか?
具体的にはどんな内容か?
どんな目標を立てたのか?
目標を達成するために苦労したことは何か?
目標を達成するために努力・改善をしたことは何か?
目標は達成できたのか?
活動を通じて何を学んだのか?
経験を仕事にどのように活かすことができるか?

文化系サークルの自己PR例

軽音楽部で、バンド活動での自己PR例を紹介します。

大学2年生の時に、ライブ100人集客を目指してバンド仲間4人とバンドを結成した。

最初のライブは10人しかお客さんが集まらなかった。

バンドでも集客の大切さを実感した。そこでお客さんを集めるために●つのことを実践しました。

バンドのホームページの作成、ソーシャルメディアを活用した集客、他バンドとのつながりなどを強化しました。

その結果、3年生の就活前ライブで無事100人を集客することができました。

このバンド経験を通じて、マーケティングの大切さを実感しました。また、マーケティングのやり方は一つではなく様々な手法を合わせることで効果を発揮することも学びました。

バンド経験を通じたマーケティングの考え方を活かし、仕事でもマーケティングを上手に活用した企画立案を行います。

といったようにメジャーデビューといったようなすごい経験でなくても構いません。以下に紹介するポイントをおさえていればいいのです。

をまとめれば、あなただけの自己PRが出来上がります。正直なところ自己PRでは大した経験じゃなくても、学んだことがあり、仕事に活かすことを上手くアピールできればよいのです。

次の記事「【受験勉強編】自己PRの書き方」
前の記事「【アルバイト編】自己PRの書き方」