『グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜』 ©NOSTROMO PICTURES SL / NOSTROMO CANARIAS 1 AIE / TELEFÓNICA PRODUCCIONES SLU / ANTENA3 FILMS SLU 2013

写真拡大

天才ピアニストと狙撃者の駆け引きを描くサスペンス映画『グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜』が、3月8日から東京・新宿シネマカリテほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

同作のあらすじは、5年ぶりにステージ恐怖症から復帰したピアニストのトムが、復帰公演のステージ上で「一音でも間違えたら、お前を殺す」という脅迫を受けながら、世界で2人しか演奏できないと言われる難曲に挑むというもの。極度の緊張と孤立の中で亡き恩師パトリック・ゴーダルーの遺したグランドピアノと向き合うトムと、コンサート会場を密室に変えた狙撃手との駆け引きや、物語の鍵を握るグランドピアノに隠された秘密が、濃密な心理描写を織りまぜながら描かれる。

トム役には『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッド、謎の狙撃手役にはジョン・キューザックがキャスティングされている。メガホンをとったエウヘニオ・ミラ監督は、劇中でトムが挑む重厚な楽曲“ラ・シンケッテ”の作曲も手掛けている。