『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』 ©2014ヴィレッヂ・劇団☆新感線

写真拡大

劇団☆新感線の演劇作品を映画館で上映するプロジェクト『ゲキ×シネ』の最新作『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII』が、3月29日から全国で上映される。

【もっと写真を見る】

『ゲキ×シネ』は、劇団☆新感線の舞台公演をデジタルシネマの技術を用いて映画館で上映するプロジェクト。俳優の汗や涙、感情の機微まで体感できるように計算された映像表現と、臨場感溢れるクリアな音響で演劇の魅力が映像作品化されている。

2012年12月から翌年2月まで上演された同作は、空海が隠したという埋蔵金を巡る大泥棒・石川五右衛門と女盗賊・猫の目お銀らが巻き起こす騒動を、歌やダンスを交えて描いた作品。五右衛門役を古田新太、お銀役を蒼井優、五右衛門たちを追いつめる探偵・明智心九郎役を三浦春馬が演じるほか、尼僧・春来尼役に高橋由美子、埋蔵金伝説を聞きつけた豊臣秀吉役に麿赤兒、石田三成役に粟根まこと、前田慶次郎役に橋本じゅん、マローネ・アバンギャルド侯爵夫人役に高田聖子、シャルル・ド・ボスコーニュ役に浦井健治がキャスティングされている。