shutterstock_94168588

写真拡大

「SNS離れが起きている」とよく話題に挙がるようになりました。あなたはFacebookを最近どのくらい使っていますか? 最初は頻繁に投稿していたFacebookも、気づけば投稿をなかなかしなくなったり、更新をしている人も固定化されてきたり……。 2014年1月8日に発表された『gooランキング』の最新「Facebookで一番よくやることランキング」を見ると、その実態が明らかになってきました。

 

■1:「見るだけ」 1,411票

大差で1位に輝いたのはまさかの「見るだけ」という意見。「日本の10代ユーザーとどう違う?米国10代のFacebook離れが深刻に」でもご紹介しましたが、10代ユーザーが減少傾向にあることをFacebook社も認めていましたね。消極的な使い方をしているユーザーが増えているということなのでしょうか。

 

■2:「いいね!を押す」 650票

次に多かったのは「いいね!を押す」でした。「コメントをつけるのはちょっとめんどくさい……。」「見ました、という意味も込めて押してる」と言ったライトな反応なのでしょうか。

 

■3:「Facebookページを見る」 108票

3位は「Facebookページを見る」という回答でした。企業ページなどのFacebookページは情報収集に便利なので、よく見るという人も多いようです。

 

■「投稿する」・「コメントをつける」はいずれも100票以下!

驚いたことに、「写真を投稿」「近況を投稿」「コメントをつける」といった回答はいずれも100票に満たないことがわかりました。積極的に自分の近況を投稿するユーザーは減少しているようです。

若年層はLINEでのやり取りが増えてきていることもあり、Facebookはビジネス・大人向けのソーシャルメディアという印象がより強くなってきているのかもしれませんね。これからFacebookはどのような推移をたどるのでしょうか?