写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●キャッチコピーは「全員主役。」
ドワンゴは9日、「ニコニコ超会議3」に関する発表会を東京・六本木のニコファーレで開催し、イベント概要を発表した。新たな目玉企画として「大相撲超会議場所」が開催されるほか、「ニコニコ超パーティー3」には自衛隊中央音楽隊が出演する。また、任天堂が超特別協賛、KDDI、ファミリーマートが特別協賛としてバックアップ。総務省、経済産業省、千葉市が後援する。

「ニコニコ超会議3」は、4月26日、27日の2日間にわたり幕張メッセ全ホールを貸し切って開催される、ニコニコ動画最大のリアルイベント。2012年に第1回が開催され、今年で3回目の開催となる。初回こそ4億円以上の赤字を出したが、昨年の第2回開催ではスポンサー企業がついたことで赤字額は約8,000万円に減額。来場者も10万人を突破し、安倍首相が訪れるなど大きな話題を呼んだ。

○任天堂が"超"特別協賛。発表会に宮本茂氏が登場。

まずはスポンサー企業の発表が行われた。「ニコニコ超会議3」では昨年に引き続き任天堂が"超特別協賛"として参加するほか、特別協賛としてKDDIとファミリーマート、協賛にアデランス、an、KADOKAWA、コクヨ、トップツアー、リクルート、カラオケの鉄人、かんぽ生命、DHCが名を連ねている。そのほか、出展社も含めると企業数は全69社にのぼる。

発表会にはサプライズゲストとして、任天堂の専務取締役情報開発本部長であり、あの『マリオ』や『ゼルダ』の伝説の生みの親として知られる宮本茂氏が登場。「(昨年出演した)岩田社長に代わりまして直接皆さんのところに参りました。去年も超会議盛り上がりましたね。今年も協賛させてもらうことになりました。皆さんのおじゃまにならないよう、一緒に楽しみたいと思います」とコメントして大歓声を浴びていた。

また、後援には総務省、経済産業省のほか、千葉市も加わっている。千葉市長熊谷俊人氏は今回の後援について、Twitterで「幕張メッセで毎年開催されているニコニコ超会議について、遅まきながら千葉市は後援します。以前より意識していましたが、ご縁があり、今後連携が深められそうです」と自信を覗かせながら、「千葉市が行政として最も早く新しいカルチャーに対応できる街になりたいと考えています。ニコニコ動画についてはβ時代に出会い、『これはネット文化を変える』と確信し、その後ずっと注目してきました。今は忙しくてあまり視聴できていませんが、イベント開催市の市長として関わる立場となり、感慨深いものがあります」と話していた。

○ロゴ、キービジュアル、開催概要が発表

ここからは「ニコニコ超会議3」の開催概要へ。まずはロゴとキービジュアルが発表となった。ロゴに関しては毎回ユーザーから募集しており、今回の応募総数は511点。その中から、桜をモチーフに取り入れたロゴ(泣犬さん制作)が採用された。

同時にキービジュアルも公開され、キャッチコピーは「全員主役。」となる。なお、前回までは幕張メッセの全ホールを貸しきって開催されていたニコニコ超会議だが、今回は企画数が前回の倍となる100を超える勢いであるため、併設された国際会議場も会場として使用するという。

また、「超会議2」で多かった「自分も参加したかったがどこに応募すればいいのかわからなかった」という要望を踏まえ、今回は作品展示や作品販売、ワークショップなどの応募窓口を「ニコつく」に一本化。その後、運営が各企画・ステージに振り分けていくという方式をとるという。たしかに前回はニコつくをはじめ、似た内容の展示・即売会が多かったように思う。応募方法をシンプルにしたことでユーザーの負担が軽減されることを期待したい。……続きを読む

●日テレ全面協力で「伝説の熱湯風呂」が……
○まるなげひろば、超ニイハオ台湾など注目企画満載

前回までの企画の多くは今回も継続して行われるが、新しい企画ももちろん開催される。まずは「まるなげひろば」だ。これは企画・準備・運営すべてをユーザーに丸投げしたスペースで、いくつかのエリアに分かれている。その一つ、「ニコつく4 in まるなげひろば」は、超会議2で「ニコつく」「超ニコニコ技術部」「超多目的スペース」「超ユーザー企画」「超クリエイターズサミット」として展開したブースが集結したエリアとなる。

また、台湾で同日開催されるイベント「niconico台日交流会」とコラボしたイベント「超ニイハオ台湾」も行われる。台湾は海外でニコニコ動画ユーザーがもっとも多い国であり、その数はなんと60万人。ニコニコ動画でも台湾から「歌ってみた」をはじめとする動画が数多く投稿されるなど、動画を通じた交流が育まれている。

その台湾と幕張メッセで今回、"空間を超える"試みが行われるという。いったいどんなものになるのかは当日のお楽しみだ。

そのほか、「超のど自慢」「超演奏してみた」「超踊ってみた」「台湾」の4ブースが一つになって大合奏する超会議史上最大のコラボステージや、コスプレの祭典「コスプレクション」のニコニコ超会議版も開催される。確定ではないが、コスプレイヤーのために特別な背景の前で撮影できるスペースも企画しているという。

○日テレ全面協力で「伝説の熱湯風呂」がやってくる!

以前から告知されていた通り、「ニコニコ超会議3」には日テレが全面協力を約束している。どんな形で協力するのかと思っていたが……なんと、「ユーザー生放送」ブースにあの「伝説の熱湯風呂」が設置されるという。中野運営長いわく"ガチで熱い"とのこと。さらに、これまでは安全上の理由で実現できなかった「3メートル級の巨大落とし穴」も設置される。いずれも生主には見逃せない仕掛けだろう。

この他にも、"謎のテクノロジー"でMMDと記念撮影ができる「超MMD記念館」や、「超ボーカロイドマスター」「博麗神社例大祭 超濃縮版」「痛Gふぇすた」「ニコニコ学会βシンポジウム」など恒例の併催イベントが満載。さらにUTAUオンリー即売会「超みんなのUTAU」や、日本最大のアナログゲームの即売会「超ゲームマーケット」が今回から新たに開催されることが発表になっている。

○ついに大相撲がニコニコ超会議に! 発表会には白鵬がサプライズ登場!

そんな「ニコニコ超会議3」だが、なんといっても最大の目玉企画となるのが大相撲特別巡業「大相撲超会議場所」だ。横綱・白鵬、日馬富士をはじめ、親方や力士など大相撲一行(約250名)が巡業地となる幕張メッセに登場し、会場内に設置された土俵にて、稽古や土俵入り、取組を行う。椅子に座って観戦するには入場券と相撲観戦がセットになった特別チケットが必要だが、席の外からの観戦だけなら超会議に入場していれば誰でもOK。土俵周りの砂かぶり席は前売 12,000円、イス席 1日券は前売 5,000円となっている。

大相撲とニコニコ動画の関係は実はかなり長く、2007年に投稿された「世界最強の国技 SUMOU」は現在までに約270万再生している。

また、2011年にはニコニコ生放送で初日から千秋楽まで15日間に渡り大相撲「五月技量審査場所」を生中継。視聴者は160万人を突破するなど、大反響となっていた。大相撲とニコニコ動画という組み合わせは一見意外に思われそうだが、実は親和性の高い組み合わせなのだ。

そんな「大相撲超会議場所」に登場する予定の横綱・白鵬関が、この日の発表会にサプライズゲストとして登場し、観客席からは大歓声が起こった。

2011年の大相撲中継をニコニコ動画で見ていたという白鵬関は「若い方々に相撲をぜひ知ってもらって応援してもらいたい。新しい時代がくるんじゃないかと興奮とうれしい気持ちがいっぱいです。まずは春に優勝して万全な態勢でがんばっていきたい」と抱負を語った。

なお、大相撲超会議場所はリクルートが運営する不動産・住宅総合情報サイトSUUMO(スーモ)が協賛する。担当者によると、協賛理由の決め手は「相撲とSUUNOの名前が似ている」ことだという。……続きを読む

●「ニコニコ超パーティー3」に自衛隊中央音楽隊が参戦
○入場券は3種類

盛りだくさんの超会議3だが、今回は入場券が3種類用意される。

一般入場券(発売中)
1日券:1,500円
2日通し券:2,500円
当日券:2,000円

優先入場券(1/16より発売)
1日券:1,600円
2日通し券:2,700円

大相撲超会議場所観戦券(抽選先行受付中)
イス席 1日券:5,000円
砂かぶり席:12,000円

さらに、優先入場券に関してはauスマートパス会員限定の数量限定入場券が用意され、こちらは一般入場券と価格が同じ。こちらは現在発売中だ。

○「ニコニコ超パーティー3」に自衛隊中央音楽隊が参戦!

「ニコニコ超会議3」後に後夜祭として開催されるのがライブイベント「ニコニコ超パーティー3」だ。過去には「歌ってみた」や「踊ってみた」「演奏してみた」などから多数のユーザーが出演するほか、著名人も数多く参加している。

現在、出演者は小林幸子のみ発表済みだが、この日は第二弾発表として、自衛隊中央音楽隊の出演が告知された。

自衛隊中央音楽隊は、アメリカ合衆国歴代大統領の来日などの国賓・公賓の歓迎行事や国内オリンピックなどで演奏を披露してきた音楽隊。こちらも大相撲と同じく意外な組み合せに思われるかもしれないが、実はニコニコ動画には自衛隊の音楽隊の演奏を撮影した動画が数多く投稿され人気となっている。また、昨年に引き続き超会議にも、陸海空揃い踏みでブースを出展することが決まっている。

超パーティーをニコ生で試聴するためのネットチケットは数に限りこそないものの、出演者が発表されるたびに値段が上がっていくという累進価格制を採用している。現在は1,500ポイント(1,500円)なので、視聴したい場合は早めに購入しておくのが良いだろう。なお、会場で鑑賞できるリアルチケットは2月15日よりニコニコ会員先行抽選受付が開始となる。

(山田井ユウキ)