動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」は、 16日18時より、「第150回芥川龍之介賞・直木三十五賞受賞者記者会見」を放送。全国6カ所の書店でパブリックビューイングも行なう。第148回(2013年1月)、第149回(2013年7月)につづき、3度目の試みとなる。下北沢の書店・B&Bでは、ニコニコ生放送による協力のもと、辛口講評で知られる書評家の杉江松恋氏、豊由美氏、大森望氏を迎えたパブリックビューイングイベントを開催する。参加者はチケット申し込み時に、芥川賞・直木賞候補作のうち1作品を、受賞作品として予想することが必須。見事に受賞作を当てた参加者は、ドリンク代500円が無料になる。B&Bでは昨年7月にも、第149回芥川賞・直木賞のパブリックビューイングイベントを開催。前回のイベントでは、登壇者のうち2名がイベント中にもかかわらず、受賞記念のパーティ会場とB&Bを行き来するなど、受賞作品だけでなく、出演者の行動すら予想ができない展開となった。見事に受賞作を当てた参加者もおり、会場が熱気に包まれていた、とはB&Bのイベント担当者の弁。今回のイベントでは、杉江松恋氏による全候補作紹介が行われるほか、書評家たちも他のニコ生ユーザーと同様に、ニコ生にコメントする予定となっている。"メッタ斬りコンビ"として知られる豊崎由美氏、大森望氏がB&Bにどれだけ滞在するかどうかは未定とのこと。10日17:30現在の申し込み者数では、芥川賞候補作はいとうせいこう氏の「鼻に挟み撃ち」(すばる12月号)、直木賞では万城目学氏の「とっぴんぱらりの風太郎」(文藝春秋)が優勢とのこと。B&Bのイベント担当者は、「文学好きが集い、書評家とともに文学賞の行方を見守るイベントです。ぜひ、会場でその熱気を味わってください」と抱負を語っていた。■関連リンク杉江松恋×豊由美×大森望×ニコニコ生放送[予想が当たればドリンク無料!]ニコ生VS 本屋B&B !?〜「150回芥川賞・直木賞受賞記者会見」パブリックビューイング〜http://bookandbeer.com/blog/event/20140116_150akunaopv/
『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)』 著者:ジェーン・スー 出版社:ポプラ社 >>元の記事を見る

■ 関連記事・「半沢直樹」シリーズ 最新刊 『ロスジェネの逆襲』が100万部を突破正月の箱根駅伝 見どころは生まれ変わった「大手町の風景」東京の文化の中心は、西から東へ移行中?「台東区・蔵前は日本のブルックリン」説とは

■配信元
WEB本の雑誌