魯山人考案の“究極の納豆の混ぜ方”再現マシン発売

写真拡大

食通としても知られる稀代の芸術家「北大路魯山人」が提唱したと言われている、“納豆を究極に美味しく食す方法”を参考にして作られた、究極の納豆マシン『魯山人納豆鉢』がタカラトミーアーツから2月6日発売される。希望小売価格は2,200円税抜。

【関連:オロナミンC炊き込みご飯など、メシマズ嫁の想像を絶する料理】

NattoMachine


マシン開発では、“納豆はかき混ぜるほどに旨くなる”という魯山人の教えを元に、納豆が最も美味しくなるかき混ぜ数が検証され、424回という回数が設定されている。

使い方は、本体に納豆をセットし、ハンドルを回すだけ。ハンドルを回すと倍速で納豆が攪拌され、手軽に美味しい納豆ができあがる。

なお、醤油を入れるベストなタイミング(305回)や完成のタイミング(424回)で、本体の蓋が自動的に空くようになっている。

(C)T-ARTS