「2014ハンドメイドバイシクル展」を開く

写真拡大

自転車つくりの匠(たくみ)によるこだわりの手作り自転車がズラリ――。自転車文化センター(東京・千代田区)は2014年1月25日と26日、展示会「2014ハンドメイドバイシクル展」を開く。27社のハンドメイドビルダーとパーツメーカーが集まり、約50点の自転車とパーツを展示する予定だ。

ビルダーによるトークショー&座談会も

ハンドメイド自転車は、使用目的や必要な機能に合わせて1台ずつ作られ、フレームの素材やタイヤのサイズ、ギアの比率まで自分好みにオーダーできる。展示会では、スポーツ用や街乗り用(高齢者・障害者用を含む)などさまざまな種類の自転車を見られるほか、ビルダーから直接話を聞くこともできる。オリジナル自転車をオーダーする店を探すことも可能だ。

また、ビルダーによるトークショー&座談会を同時開催する。トークショーは1月25日が10時30分から、26日は11時から。座談会は26日14時から 。

いずれも当日参加も可能であるが、ホームページでは事前予約を受付中。各回定員は40名となっている。入場料は無料。会場は、東京・北の丸公園の科学技術館1階の催事場。

展示会についての詳細は公式サイトまで。