メッセフランクフルト社(本社:ドイツ)日本支社のメサゴ・メッセフランクフルト(株)では、「ハイムテキスタイル2014」会期2日目の1月9日(木)、フランクフルト国際見本市会場内「forum0セミナールーム」にて日本人来場者向けのトレンドセミナーを開催した。
セミナーは、6年連続トレンドセッターを務めた南村弾氏(Dan Project主宰)と、本紙インテリアビジネスニュース代表の善明剛史によるトークセッション形式で行われた。
今回のトレンドは、デジタルプリントを軸にした最新テクノロジーの活用をベースにした「PROGRESS!」(プログレス)と、そのアンチテーゼとして伝統工芸や天然・本物志向をクローズアップした「REVIVE!」(リヴァイブ)という2つが大きなテーマになっている。南村氏は、その社会背景から人々の心境、最新技術の紹介など、今回のトレンドに関連した事象を紹介しながら、トレンドの詳細について分かりやすく解説した。
なおトレンドの詳報は「インテリアビジネスニュース(本紙)」にて掲載予定。