検挙率低下、職質からの摘発減少

ざっくり言うと

  • 刑法犯の昨年の検挙率が29.8%だったことが9日、警察庁のまとめでわかった
  • 前年より1.9ポイントの低下で、30%を切るのは2005年以来、8年ぶり
  • 窃盗の余罪摘発や、地域警官の職務質問をきっかけとした摘発が減ったため

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング