<ソニー・オープン・イン・ハワイ 初日◇9日◇ワイアラエCC(7,068ヤード・パー70)
 ツアー復帰を狙う今田竜二が数少ないPGAツアー参戦の初戦で3アンダーの12位タイと上々のスタートを切った。
遼、出遅れ118位タイ…ティショットとパターに苦しむ
 1番からスタートした今田は7番パー3でティショットを約80センチにつけるスーパーショットでバーディ先行。9番パー5もバーディとして2アンダーでハーフターンした。後半は13番でティショットのミスからボギーを叩いたものの、「ショットのリズムが速くなっていると思って、ゆっくり目に振っていった」と即座に修正。14番で獲り返すと最終18番もバーディで締めてみせた。
 昨年終盤は日本ツアーに6試合出場し、今田自身の最終戦となった「カシオ・ワールド・オープン」では7位タイに入るなど、持ち味のショートゲームを含め調子は上向き。2012年にPGAツアーのシードを喪失した今田は今年も下部ツアーからPGAツアーへの復帰を模索する身。PGAツアーへの出場は推薦や予選会に限られるだけに、この好スタートを結果につなげたいところだ。
【日本勢の順位】
5位T:谷原秀人(-4)
12位T:今田竜二(-3)
48位T:宮里優作(-1)
65位T:武藤俊憲(E)
104位T:川村昌弘(+2)
104位T:池田勇太(+2)
118位T:石川遼(+3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>