長期投資が大前提のNISA(少額投資非課税制度)にぴったりな銘柄のひとつが優待株。端株サービスを利用すれば、NISA始動でワンコイン500円から買える優待株は人気化が必至。豪華優待&高額配当だけでなく、値上がり益も狙えるのだ!!

●美樹工業(JQ・1718)
302円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:30万2000円
配当利回り:2.65%
配当+優待利回り:2.65%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:12月

野菜を年2回。大阪ガス系の工事会社で、住宅販売の好調で仕事が増えている。太陽光パネルの設置工事も業績を押し上げた。

●大成温調(JQ・1904)
407円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:40万7000円
配当利回り:3.19%
配当+優待利回り:3.39%
リスク度合い:★★★☆☆
決算月:3月

クオカード1000円分。空調工事を主力に電子部品工場などのクリーンルームも設計から施工、メンテナンスまで手がける。

●西部電気工業(東1・1937)
442円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:44万2000円
配当利回り:3.39%
配当+優待利回り:3.39%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

ミネラルウオーター2リットル入り9本分のギフト券。九州地盤の電話設備工事会社で、NTT関連案件が中心だ。

●テクノ菱和(東2・1965)
465円(100株)
配当がもらえる売買単位:100株
配当がもらえる投資金額:4万6500円
配当利回り:2.58%
配当+優待利回り:2.58%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

静岡産の新茶を1パック。中堅の空調工事会社。社名にある「菱」の文字の通り、三菱重工業の販売代理店でもある。

●日本製粉(東1・2001)
493円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:49万3000円
配当利回り:2.43%
配当+優待利回り:3.03%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

パスタなど自社製品を3000円相当。製粉業界の老舗企業として知られ、安定経営を維持。TPP(※)による輸入コスト低減にも期待大だ。

●日東富士製粉(東1・2003)
303円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:30万3000円
配当利回り:2.31%
配当+優待利回り:3.21%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

乾麺を3000円相当。三菱商事傘下の製粉会社で、山崎製パンも出資している。「ケンタッキーフライドチキン」フランチャイズ展開も。

●昭和産業(東1・2004)
311円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:31万1000円
配当利回り:2.25%
配当+優待利回り:3.15%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

3000円相当の自社製品。家庭用の天ぷら粉で安定したシェアを持つ。伊藤忠商事との関係が深く、業績も拡大中。

●フジ日本精糖(東2・2114)
325円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:32万5000円
配当利回り:2.77%
配当+優待利回り:3.67%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

砂糖など3000円相当の自社商品。双日系。飲料メーカーなどに砂糖類を納入する。不動産賃貸も安定収益として貢献。

●中村屋(東1・2204)
394円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:39万4000円
配当利回り:2.54%
配当+優待利回り:3.04%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

自社商品2000円相当、15%引きの優待券20枚などから1つ選択。和菓子の老舗で、「インドカリー」も展開。高額消費関連株でもある。

●カンロ(東2・2216)
461円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:46万1000円
配当利回り:0.20%
配当+優待利回り:2.80%
リスク度合い:★★★☆☆
決算月:3月

1000円相当の自社商品。看板商品はのどあめとグミ。筆頭株主の三菱商事と連携して、成長策を模索している。

●森永乳業(東1・2264)
297円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:29万7000円
配当利回り:2.36%
配当+優待利回り:2.86%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

権利確定は9月末で、1600円相当の自社製豆腐。乳業2位。消費税率アップ時の動向が株価に大きく影響しそう。配当は年7円で安定。

●丸大食品(東1・2288)
304円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:30万4000円
配当利回り:2.63%
配当+優待利回り:3.53%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

権利確定は9月末で、3000円相当の自社製ハム。関西地盤のハム・ソーセージ大手。TPP加入メリット銘柄のひとつとして投資家の注目を集める。

●日清オイリオグループ(東1・2602)
324円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:32万4000円
配当利回り:3.09%
配当+優待利回り:3.99%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

サラダ油など3000円相当の自社商品。食用油業界では他社を圧倒している。海外売上高は全体の4分の1と、食品メーカーの中では大きい。

●J−オイルミルズ(東1・2613)
268円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:26万8000円
配当利回り:2.99%
配当+優待利回り:4.09%
リスク度合い:★★★★★
決算月:3月

3000〜4000円相当の自社製品。売上高では日清オイリオに次ぐ2位だが、大口の業務用ではトップだ。味の素の傘下。

●あらた(東1・2733)
343円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:34万3000円
配当利回り:2.62%
配当+優待利回り:3.12%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

1000円分のクオカードを年2回。日用品の問屋では最大規模。タイを足がかりにアジア展開を狙う。来期は連続増配か。

●パレモ(JQ・2778)
321円(100株)
配当がもらえる売買単位:300株
配当がもらえる投資金額:9万6300円
配当利回り:3.12%
配当+優待利回り:3.12%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:2月20日

300株以上でクオカード1000円分。婦人衣料の専門店を展開。大手スーパーのユニーの子会社だが、イオン店内にも出店している。

●シノブフーズ(東2・2903)
400円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:40万円
配当利回り:2.50%
配当+優待利回り:2.50%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

のりの詰め合わせ。おにぎりや弁当をファミリーマートに納入。TPP加入で米価が下がれば、採算は大幅アップか。

●マルタイ(福証・2919)
382円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:38万2000円
配当利回り:2.62%
配当+優待利回り:3.32%
リスク度合い:★★★☆☆
決算月:3月

自社製品の詰め合わせ。九州を本拠地に西日本で展開する即席麺メーカー。サンヨー食品と提携関係にある。棒ラーメンが人気だ。

●グンゼ(東1・3002)
262円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:26万2000円
配当利回り:2.86%
配当+優待利回り:3.56%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

自社商品2000円相当。3年以上、5年の長期保有で優待が充実。男性用肌着でトップだが、最近はタッチパネル用フィルムが話題。

●ラサ商事(東1・3023)
456円(100株)
配当がもらえる売買単位:100株
配当がもらえる投資金額:4万5600円
配当利回り:3.29%
配当+優待利回り:4.29%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

クオカード500円分と社会貢献。1年以上の保有で1000円分にアップ。金属素材の専門商社だが、円高局面でも利益は安定していた。

●八洲電機(東1・3153)
417円(100株)
配当がもらえる売買単位:100株
配当がもらえる投資金額:4万1700円
配当利回り:3.12%
配当+優待利回り:5.52%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

権利確定は9月末で、クオカード1000円分、食品(うどん等)などから選択。日立系の専門商社で顧客企業への電気機器設置まで手がける。

●TOKAI HD(東1・3167)
343円(100株)
配当がもらえる売買単位:100株
配当がもらえる投資金額:3万4300円
配当利回り:3.5%
配当+優待利回り:6.4%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

年2回、天然水、クオカード、自社グループ食事券から選択。本業はプロパンガス供給とケーブルテレビ事業。水宅配も高齢者向けに伸びそう。

●三重交通グループHD(名1・3232)
262円(1000株)
配当がもらえる売買単位:1000株
配当がもらえる投資金額:26万2000円
配当利回り:2.31%
配当+優待利回り:5.41%
リスク度合い:★★☆☆☆
決算月:3月

年2回、1000株以上で三重交通などのバス片道乗車券4枚、系列不動産会社の住宅価格3%引きなど優待内容は盛りだくさん。

●トーエル(東2・3361)
502円(100株)
配当がもらえる売買単位:500株
配当がもらえる投資金額:25万1000円
配当利回り:2.99%
配当+優待利回り:2.99%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:4月

年2回、500株で自社製品(飲料水)1500円相当。神奈川県のプロパンガス供給事業者だが、水事業が売上高の4分の1に成長。

●日本フエルト(東1・3512)
454円(100株)
配当がもらえる売買単位:100株
配当がもらえる投資金額:4万5400円
配当利回り:2.64%
配当+優待利回り:4.84%
リスク度合い:★★★★☆
決算月:3月

クオカード1000円分。製紙会社で使うフェルト(不織布)の大手。景気回復で製紙会社の業績が盛り返せば、この会社も増益に。

※データは12月9日現在。銘柄選定日は11月21日。PER=株価収益率、PBR=株価純資産倍率、JQ=ジャスダック、東マ=東証マザーズ、名セ=名証セントレックス。

この記事は「WEBネットマネー2014年2月号」に掲載されたものです。