2014年1月7日。ソチ五輪に向けてジャンプ陣の代表が発表された。その中には、7度目の五輪出場となる葛西紀明の名前も含まれていた。

 葛西といえば、41歳を迎えてもなお、現役を貫いて世界との戦いを楽しんでいるベテラン。クラシカルスタイルからV字ジャンプへ、スキーの長さやジャンプスーツのサイズの変更、BMIルール採用という激変のジャンプ史を、すべて経験している数少ないジャンパーのひとりだ。

 そんな彼がジャンプという競技にこだわり続けている理由は、オリンピックの舞台で金メダルを手にしていないことにある。そして、最大のモチベーションのなっているのが、長野五輪で金メダルを獲得したラージヒル団体のメンバーに入れなかったことだという。

「僕の方がW杯で結果を出しているし、体力も技術も上だと思っている。それなのになんで彼らが金メダルを持っていて俺には無いんだって......自分に腹が立つんです」

 自信があるからこそ、自分が許せなかった。今もその気持ちは変わらない。そう思い続けられているのは、41歳になった今も「勝ちたい!」「勝てる!」という揺るぎない自信があるからだろう。

 そんな葛西の競技人生は、高校1年でW杯や世界選手権に出場するようになって25年目、その前から数えれば30年を超える。

「振り返ってみれば、そんなに長く感じてないですね。この時の試合がどうだったか、すべて思い出せます。中3の時に宮様スキー大会国際競技会をテストジャンパーとして飛んで、同じゲートで成年組の優勝者より飛んだことや、世界ジュニアの練習ジャンプで3番以内だったのに本番は大嫌いな雨になって、ダメで悔しかったこともよく覚えていますから」と笑顔で振り返った。

 葛西と同じくベテランとして競技を続けている、43歳の岡部孝信とは小学生のころからの付き合いだ。中学1年で出た全国中学校スキー大会で、優勝は出来なかったが同じ下川中学3年の岡部孝信に勝ったことも思い出に残る、嬉しかった試合だという。

「岡部さんは小学校の時も中学校の時もずっとうまくて、ああいうジャンプをやりたいと思って目標にしていたんです。あの人も僕と同じくらいに負けず嫌いだから(全国中学校スキー大会では)すごく悔しがっていたけど、今でも岡部さんの調子が上がってきて勝てない時もあるし。そういう風にお互いを刺激し合っているので、僕のジャンプ人生の中では永遠のライバルであり、最高の先輩です。その岡部さんが金メダルを獲ってもまだやっているのだから、獲ってない僕は余計に辞められませんよね」

 80年レークプラシッド五輪の八木弘和の銀以来メダルから遠のき、88年カルガリー五輪では初採用のラージヒル団体で最下位の11位と低迷した日本ジャンプ陣。89年世界選手権で高1ながらも代表に選ばれた葛西は、日本ジャンプ復活の担い手と期待された存在だった。

 その期待に応えるように、89〜90年のW杯では10位以内を5回記録。翌シーズンは調子を崩して足踏みをしたが、92年アルベール五輪シーズンはW杯開幕戦から11位、13位と幸先良い発進をし、12月の札幌では自己最高の6位になった。

 一方で、その自信がV字ジャンプへの対応を遅らせた。

 V字ジャンプは88〜89年にヤン・ボーグレブ(スウェーデン)がW杯総合優勝をしてその威力を見せつけたが、飛型点で減点されていた異端ともいえるスタイル。だがその有利性をオーストリアなどが認めて、91〜92年のアルベールビル五輪シーズンに飛型点の減点がなくなった。実績を残してきたという自負があった葛西は「クラシカルスタイルで勝負する」と宣言するが、日本連盟は「アルベールビル五輪はV字でいく」と決定を下した。年が明けて発表された五輪代表には葛西の名前もあったが、V字ジャンプにするという条件もつけられた。

 アルベールビル五輪まで、約1カ月間でV字へ転向することに葛西は苦しんだ。彼の場合、クラシカルジャンプでもスキーを体と並行にするのではなく、右側に斜めに出し体とスキーでY字になるスタイルだったからだ。右は斜めに出来ても、左を開けなかった。何とか開けるようにはなっても、開いたスキーの裏側を外に向けられないため、ビンディングの金具を曲げて飛ぶという窮余の策でアルベールビル五輪に臨んだのだ。

 91年の夏からV字を始めていた原田雅彦はラージヒルで4位になったが、葛西はノーマルヒル31位、ラージヒル26位という結果に終わった。

 だが瞬(またた)く間にV字ジャンプをものにしていった。五輪までは本当に少し時間が足りなかったのだ。五輪から1週間後のラハティ大会でW杯初表彰台の3位になると、次の大会では2位に。そして3月末の世界フライングヒル選手権を兼ねたハラコフ大会では初勝利をあげた。

 翌92〜93年シーズンは3勝してW杯総合も3位と日本のエースに成長。94年リレハンメル五輪ではノーマルヒルで50cm差で銅メダルを逃す5位と惜しい結果だったが、ラージヒル団体では銀メダル獲得に貢献した。

 最後の最後で逃した団体の金メダル。その悔しさを次の長野五輪で晴らそうと葛西は決意したが、翌94〜95年シーズンはいきなり不幸に見舞われた。

 それまでの葛西の特徴はスキーの先端が顔の上まで上がってくるほど前傾するジャンプで、ヨーロッパでは"カミカゼ"と評されていた。だがルール改正でスキーの長さが身長プラス85cmから80cmに変更され、ビンディングの位置も変わってスキーの前側が短くなった。さらに最新のビンディングは踵(かかと)と、スキーがベルトで一定の距離までしか離れないようになり、ワイヤーで固定していたものと違ってスキーの先端が上がって来なくなったのだ。

 そのため以前のような前傾姿勢で飛ぶとスキーの先が下がってしまう。そこを気をつけるように言われていたが、今までと勝手が違う中、W杯開幕直前の練習で転倒して鎖骨を折ってしまった。年明けにまた転倒して同じ箇所を骨折した彼は、しばらくは怖くてジャンプが飛べないほどになった。葛西は「本当に恐怖心無く飛べるまでには10年かかりました」と言う。

 そんな不調の時期に追い打ちをかけるように、96年の秋に母親が火事で大火傷(やけど)を負うという不幸に見舞われた。97年1月のW杯白馬大会で2位になって3年ぶりに表彰台に上がった時には、「骨折をしてからは満足のいくジャンプが出来なかったり、母が大火傷をしたり。精神的にも肉体的にも辛い事だらけで、なんで自分だけこんな事が降りかかってくるのかと思いました。だから今日は優勝したような気分です」と目を真っ赤に腫らしていた。

「結局、母は火傷の影響で長野五輪前年の夏に亡くなりました。不調に苦しんでいた時はそれが自分の負担になるというより、余計に頑張ろうという気持ちになりましたね。骨髄の病気だった妹や母の辛い思いに比べれば、僕の辛さはたいしたことじゃないと思っていました」

 そんな思いを持って臨んだ長野五輪だったからこそ、ノーマルヒルだけの出場で、団体の金メダル獲得をランディングバーンで見ていることしか出来なかった自分に余計、腹立たしいほどの怒りを感じたのだ。

 その怒りをぶつけるように、98〜99年はW杯総合3位、00〜01年は総合4位と低迷し始める日本チームを引っ張った葛西だが、一度だけ競技を辞めようと思ったことがある。それは02年ソルトレークシティ五輪の個人戦で転倒するなど、ノーマルヒル、ラージヒルともに40位台に沈んで団体のメンバーから外れた時だ。

「あの時は体も絞って減量していたし、筋力もすごくて体力とメンタルは完璧だと思っていたんです。ソルトレークに行く前のW杯札幌大会でも3位になっていて調子もよかったし。それなのに結果を出せず、『あれだけやったのにこの成績か』と気持ちが折れましたね。何をやれば勝てるんだって......」

 その前シーズンからギリギリまで体重を絞るために、ヨーロッパ勢がやっているように食事の後すぐにトイレに行って、全部吐き出してしまうこともやった。

 そんな苦労も水の泡になり、これからどうすればいいかわからなくなった葛西を救ったのが、所属する土屋ホームがフィンランド人コーチを呼んでくれたことだ。前傾し過ぎないジャンプの方が飛べることを知り、サイズ規制で始まったジャンプスーツ開発合戦など、マテリアルへの対応も迅速にやってくれた。その結果、03年の世界選手権で個人、団体合わせて3個の銅メダルを手にし、コーチへの信頼感も深まっていった。そんな状況の中で葛西のジャンプに対する気持ちが徐々に変化し始めていった。

「ジャンプ競技はスポーツの中で一番難しいと僕は思っています。特に五輪となれば4年に1度しかない。そこで1試合2本しか飛べなくて、しかも100分の何秒かで踏み切りのタイミングや方向、パワーをすべて合わせなきゃいけないし、そのうえ風の運もある。そのすべてが揃わなければ多分、金メダルは獲れないんですよね。1本目で失敗したら、金メダルを獲るまでに挽回出来ない。だからその瞬間に『ハイ、さようなら。4年後ですね』ということになっちゃうんです」

 6回目の五輪だったバンクーバーの頃からは、五輪に対する気持ちも変わってきた。

「メダルを獲れなかったのも、『そういう運命だったな』と思えるようになったんです。緊張してダメだったのもそうだし、風が来なかったとか失敗したとかも、『今は獲るな!』ということだったと。だから、いつかそういう時が来るのを信じてやり続けています」

 葛西がここまで現役を続けられている大きな要因は、身体能力の高さだ。20代の頃から血を吐くくらいに鍛えてきたというが、今でも自宅にトレーニング室を作って夜中にウエイトトレーニングをしたり、遠征先でも毎朝必ず走りに出るなど体力を維持する努力を続けているのだ。

 ただ、かつては身体能力が高いがゆえに踏み切り動作に荒さが出て、身体能力の高さが裏目に出てしまう部分もあった。それが、膝を痛めたこともあって「維持するトレーニングが多くなった」という最近は、以前よりスムーズな飛び出しになっている。それについて葛西も「確かに20代の頃より筋力は落ちているけど、その状態が今の技術にマッチしているのかもしれない」と語る。

 そんな落ち着きを持たせている理由のひとつに、世界のトップクラスで戦えているという自信もある。長野五輪後から始まったジャンプスーツ開発合戦の中で、成績が出ない原因を「自分たちの技術が遅れているのでは」と不安に感じていた。しかしジャンプスーツの規定が、2012〜2013年シーズンに体のサイズ+2cmに変更されたところで、スーツ開発合戦が沈静化し、自分を含めた日本選手の成績が上がった。「技術では負けていない。これまでダメだったのはジャンプスーツが原因だったんだ」と確信出来たのだ。

 そして昨シーズン、プラニッツァ大会のフライングヒル(ヒルサイズ185m以上)で4位になったことも、その自信を大きく膨らませた。

「(2013年)1月の札幌大会では条件さえかみ合えばという50%くらいの自信だったけど、プラニッツァの最終戦は100%近く『勝てる』と思ったんです。練習でも飛べていたし、前日の団体戦でも一番飛んでいたから、他の選手も『絶対にノリアキが勝つだろう』と思っていたようです。でも試技で219mを飛んで転倒し、ケガをした上にスキーを折ってしまった。痛み止めを打ってもらって新しいスキーで飛んだんです。結局は4位だったけど、いい終わり方が出来たと思います」

 そこで得た自信と、バンクーバー五輪以降保てるようになった心の平安。このふたつが今季のW杯最年長表彰台や、10戦中8戦が7位以内という安定感につながっている。まさにいつ勝ってもおかしくない調子を維持しているのだ。

「僕のジャンプ人生を振り返ってみれば、95%以上は負けているんです。でもその悔しさより、勝った時の嬉しさの方が数倍も数十倍も大きいんです。だからまたそれを味わいたくて続けているんです」

 仲間である伊東大貴や竹内択から「ノリさん、まだまだやれますよ」と言われている葛西は「こうなったら50歳までやれそうですね。もういつ辞めようが同じだから、気持ちが萎えるのが先か、痛めている膝が壊れるのが先か。そこまで付き合ってみたいと思いますね」と明るく笑う。

 また五輪の金メダルだけではなく、永遠のライバル・岡部に塗り替えられたW杯最年長優勝記録(09年クオピオ大会・38歳)の奪還という目標もある。

 葛西はまだ、優勝して味わえる大きな喜びと感動を、自分の競技人生に付け加えようとしている。精神と技術の成熟度が増してきた今季、7度目の出場となるソチ五輪の舞台で輝く雄姿がまもなく見られるかもしれない。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi