認知症研究で改ざん 教授認める

ざっくり言うと

  • 認知症の早期発見に関する国の研究で、一部のデータに改ざんが指摘された
  • 研究に協力した高齢者に対する心理試験データだという
  • 研究班の元東大教授は「データの改ざんだ。研究の信頼性を損なう」と訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング