スマホでもパソコンでも財布でも、とにかく薄くて軽いことは正義なんだよ!

私ごとですが、さいきん財布を買いました。「bellroy(ベルロイ)」なるブランドの「ノート スリーブ ウォレット(Note Sleeve Wallet)」です。

Bellroy Note Sleeve Wallet薄い財布はほかにもありますが、ベルロイのポイントは「SIMカードスロット」があること。MVNOなど複数のSIMカードを持ち歩く人にぴったりな、まさにスマ充のための財布です。

買ってからだいたい1ヶ月くらいの使用感をお届けしますね。

薄くてコンパクト


Bellroy Note Sleeve Wallet

ノート スリーブ ウォレットで最初に気に入ったのが、その薄さ。写真の比較はちょっと極端ですが、ジーンズのポケットに入れてもまるで存在を感じないのがいい。

タテヨコのサイズもコンパクトで、シャツのポケットにもスルっと収まります。


カードがけっこう入る


Bellroy Note Sleeve Wallet


コンパクトだからといって、容量が少ないかというとそうでもなく、4つのポケット+大型ポケットで合計7〜10枚くらいのカード類を収納できます。

メインとなるポケットは、カードを取り出しやすいよう、入り口が階段状にカットされています。

大型ポケットはあまり使わないカードを入れておく場所。「とって」を引っぱって中身を取り出すのですが、この遊び心が楽しいです。


小銭入れは飾りです


Bellroy Note Sleeve Wallet

コンパクトさの理由は、小銭入れの大胆な省略にあります。いちおう、横ポケットにコインを入れられますが...これは正直使いにくい。

 
Bellroy Note Sleeve Wallet

また、日本より少し小さな海外の紙幣にあわせて作ってあるためか、お札スペースは1万円札がギリギリ入るサイズ。慣れるまでは、お札を取り出す時に引っかかりを感じました。


私の場合、おサイフケータイを使うようになってから、財布を使うシーンがずいぶん少なくなりました。とはいえ、財布を持たないわけにもいかないので、持ち運びやすい「ノート スリーブ ウォレット」にはすごく満足しています。フクロウのロゴもかわいい。


まだ日本ではあまり扱われていないBellroyですが、公式の通販サイトから日本に発送してもらうことはできますし、ネットを探せばいくつか取り扱いショップも見つかります。

価格はモデルによりまちまちですが、6000円〜1万2000円くらい。私のノートスリーブウォレットの場合は9000円でした。


Bellroy

(金本太郎)