サンシャイン60通り新商業施設「池袋グローブ」に ユニクロ大型店3月オープン

写真拡大

 三井不動産が1月9日、サンシャイン60通りの新たな商業施設の名称を「池袋グローブ」と発表した。テナントとして入店が決定している「UNIQLO(ユニクロ)」のオープン日は、3月14日に決定。「ビックロ」に続く国内2店舗目の「グローバル繁盛店」として、世界から訪れるエンターテイメントを提供するという。

サンシャイン60通り新施設名称は「池袋グローブ」にの画像を拡大

 「池袋グローブ」は、池袋エリアのなかでも特に賑わいのあるサンシャイン60通り中心付近に立地している。地下1階〜地上6階建、店舗面積は約4,400屐9饑劼鯡笋錣此△△蕕罎訐ぢ紊凌諭垢僕菘垢靴討曚靴い箸い思いを込めてGlobe=地球から命名された。ユニクロは同施設の約3,860屬量明僂魍諒櫃掘地上1〜6階にメンズ・レディース・キッズの豊富なラインナップを揃える。地下1階にはモンテローザが運営する「白木屋」と「笑笑」が2月14日にオープンする予定。なお、ユニクロは池袋店の他、同じく2014年春に「グローバル繁盛店」を上野にも出店する計画を発表している。

 三井不動産は2012年、同施設と通りをはさんで隣接した場所に商業施設「池袋スクエア」をオープン。同施設には、米カジュアルブランド「American Eagle Outfitters(アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ)」が国内最大のフラッグシップ店を構えている。

■「池袋グローブ」概要
住所:東京都豊島区東池袋一丁目21番4
敷地面積:約918m2
階数・構造:地下3階 地上6階建、鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)
延床面積:約6,980m2
店舗面積:約4,400m2
店舗数:3店舗