引退発表の大島優子に非難集中!時と場所をわきまえない女たち

写真拡大

大みそかのNHK紅白歌合戦で、AKB48からの卒業を突如発表した大島優子さんに非難が殺到し、ネット上で話題になりました。
「紅白を私物化するな」「サブちゃん(北島三郎)に失礼」「ほかでやれ!」など、非難の内容は“時と場所をわきまえていない”というもの。
AKB48は大人気アイドルグループではあるものの、彼女たちのファンだけではない多くの視聴者も見ている紅白歌合戦という場で発言する内容ではないと判断されたようです。

世間の常識から逸脱し、周囲から反感を買ってしまう行動を、あなたも知らず知らずのうちにしていませんか?
今回は時と場所をわきまえない女性たちの言動エピソードをご紹介します。

結婚式にティアラ、職場でパンチラ…時と場所をわきまえない女

●その1:花嫁の特権を奪う女
自分の結婚式に、友人が可愛らしいピンクのドレスを着てきた。
よく似合ってるなと思った。
でも、頭にティアラを乗せていた。
ティアラは花嫁の特権なのでは?
白いドレスじゃないだけまだマシだ、まだマシなんだと自分に言い聞かせて精一杯我慢した。
(引用『ガールズちゃんねる』【結婚式シーズン】人のふりみて我がふりなおせ。こんな方にお会いしました報告)

●その2:職場でミニスカートの40女
4月から私の部下になった年上の女性(40代)のファッションが職場で問題になっています。
基本、どんなときも素足にミニスカートです。
事務なのでふだんはいいのですが、お客様の対応を任せたとき、接客でかがんだ拍子にパンチラをしている姿を何度か見かけてビックリしました。
「そんな短いと下着見えますし、旦那さんがヤキモチ焼きますよ」と、なんとなく言ってみたのですが、「女性ホルモンが活発になるし、不妊治療にもなるし好都合!」みたいな答えが返ってきてビックリしました。
(引用:『Yahoo!知恵袋』40代女性で職場で素足にミニスカートはアリですか?)

●その3:電車で歯を磨く女
駅で電車が停車中のときのことです。
乗客は私を含めて数人でしたが、40代位の女性の方が座席に座ったまま堂々と歯を磨き始めました。
「うがいは? うがいはどうするの?」と、その女性に釘付けになっていると、ペットボトルの水でうがいをして、そのまま飲んでいました。
かなりの衝撃を受けた電車内での出来事でした。
(引用:『発言小町』電車の中での光景)

●その4:葬儀の席でプレゼントを催促する女
私の女友だちの話です。
友人男性の父親の葬式があることを噂で聞きつけ、呼ばれてもいなのに葬儀に参列。
その友人男性は、いまでは成功して会社を経営している3児の父ですが、10年以上前にその女友だちから女性を紹介してもらったことで、「お前には本当に世話になってるし、面倒も掛けているから出世したらバックでもなんでも買ってやるからよ」と軽く言ったそうです。
女友だちは勝手に押しかけた葬式の席で、「ここで言うことじゃないけど、あのときの話覚えてる? バック買ってくれるっていったよね? あんた社長やってんでしょ。十分出世したじゃん!」と言ったそうです。
友人男性は苦笑いでかわしたそうですが……。
(引用:『Yahoo!知恵袋』友人が悪びれもせずに世間話として話した内容に愕然)

その発言と行動、ちょっと待って!

電車内で化粧、公共の場でイチャイチャなど、時と場所をわきまえない人たちへの不満はネット上にも数多くありました。
しかし、他人の言動を非常識だと指摘する自分の言動も、他人から見れば非常識なものに映っているかもしれません。
「人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、職場や冠婚葬祭の席、公共の場など、さまざまな人間が集まる場において、自分の言動が周囲に与える影響を鑑みることで、大人としての常識の真価が問われます。

Written by カタタク
Photo by ヘビーローテーション<Type-B>/キングレコード