初のETC車載器標準装備

写真拡大

スズキは2014年1月9日、国内外で支持を得ている二輪車「隼(ハヤブサ)」の日本仕様を2月10日に発売すると発表した。

「究極のスポーツバイク」構想で開発

エンジンは、欧州仕様と同じ最高出力145kW(197PS)、最大トルク155N・m(15.8kgf・m)を発揮する、1339CC水冷4サイクル直列4気筒。

「隼」は、「究極のスポーツバイク」を構想して開発された。高い空力特性を持つ独特のデザインと優れた走行性能を誇る。1999年に欧州や北米などで発売され、近年ではインドなど新興国へ投入されるなど、スズキが誇る旗艦機種として、世界中で好評を得ている。

日本仕様は、国内の認証基準に適合しながら、欧州仕様と同じ最高出力・最大トルクを実現。また、国内の二輪車で初めてETC車載器を標準装備した。

車体色は、青・白(パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト)、グレー・黒(サンダーグレーメタリック・グラススパークルブラック)、赤・白(パールミラレッド・パールグレッシャーホワイト)の3タイプ。