メジャーでは巨人でも「貧乏球団」

 ヤンキースが約2億2883万ドル、ドジャースが約2億1659万ドル、フィリーズが約1億6538万ドル、そしてレッドソックスが約1億5065万ドル――。

 これらは一体何の数字かといえば、2013シーズン開幕時の各球団のペイロール(メジャー25人枠入りした選手の年俸総額)だ。

 ヤンキースの総額は、1ドル=105円とすれば、日本円にして約240億2715万円。単純比較することはできないが、同年、日本プロ野球で最も年俸総額の高かった巨人(約38億1610万円)が、メジャーでは何位にランクされるかと言えば、全30球団中最下位のアストロズ(約2206万ドル)を超えるものの、29位だったマーリンズ(約3634万ドル)とようやく肩を並べる程度だ。

 日本では「金持ち球団」のイメージが強い巨人でも、メジャーでは「貧乏球団」と呼ばれるマーリンズと同等の財布しか持ち得ない。野球選手にとって、年俸=自らの能力の評価。日本球界で優秀な選手が育っても、毎年右肩上がりになる年俸を日本球界が払いきれず、正当な評価=年俸を払うメジャーへ人材が流出せざるを得ない構造がある。

 では、メジャー各球団は、一体どうやって高額年俸を支払うだけの収入を得ているのだろう? それがテレビ放映権だ。

フィリーズが結んだ大型放映権契約

 先日、フィリーズがコムキャスト・スポーツネット(Comcast SportsNet)と新たなテレビ放映権契約を結んだと発表した。現在の契約は2015シーズンをもって終了。2016シーズンから、25年間25億ドル(約2625億円)という大型契約がスタートする。現行の契約では、放映権料は年間3500万ドルだが、新契約では年平均1億ドルまでアップする予定だ。

 フィリーズの場合、今回の契約で得る放映権料のうち、約34パーセントをMLBに上納しなければならない。それでも、今回の契約にはテレビ局の株式を25パーセント保有すること、そしてテレビ局がフィリーズ戦放送で得た広告収入の一部をチームに還元するという条項が盛り込まれているため、実質は30億ドル以上の価値があると試算されている。となれば、よほどの大博打を打たない限り、2040年まで、ある程度の余裕を持ちながら、戦力を組み立てていくことができる。

 往時のヤンキースを思わせる勢いで、一昨年からドジャースが選手獲得のため、湯水のように資金を投入するようになったのもまた、テレビ局と大型契約を結んだからだ。こちらは、FOXとタイムワーナーが放映権獲得争いを繰り広げた結果、25年約85億ドル(約8925億円)という浮き世離れした契約が誕生した。2013シーズンから始まった契約では、年間約34億ドルの放映料が球団に支払われることになっている。総額1億ドルを超えると予想される楽天・田中将大の契約先としてドジャースが有力視される理由が、この資金力に由来する部分も大きいだろう。

 その他、今オフは思い切った資金投入が目立つマリナーズも、2013シーズンからテレビ局との新契約が始まり、年間約11億5000万ドルの放映権が得られるようになった。ここ数年にわたって積極的な補強が目立つレンジャーズ、エンゼルスも、それぞれ放映権料で年間15億ドルを得ており、今やテレビ放映権料なしに球団経営は成り立たない状況となっている。

 現在、2014シーズン終了後に一部テレビ放映権契約が切れるカブスと、2015シーズン終了後に契約終了となるダイヤモンドバックスが、新たな契約を目指して交渉中だという。この2チームがどんな放映権契約を結ぶのか、そしてその金額が今後のチーム経営にどれだけ大きなインパクトを与えるのか、注意してみると面白いだろう。