問題の看板は撤去された。

写真拡大

 過剰な韓流押しや、ヤラセ問題など、近年、何かとお騒がせなフジテレビだが、同局が正月に設置し、ネット上で批判が殺到していた“問題の看板”が7日までに撤去された。

 今月、東京・表参道駅前に掲げられた屋外看板には、閻魔(えんま)や鬼、血の池地獄、地獄の釜、岩に押しつぶされている罪人など、仏教の“地獄絵図”をモチーフにしたイラストが全面に描かれていた。さらによく見ると、そこには8台のテレビも描かれ、罪人の中には拷問を受けながらテレビを見て笑っている者も。

 そんな巨大イラストの下には、「謹賀新年・フジテレビ」の文字。どうやら、フジテレビが“新年のあいさつ”として設置したもののようだが、あまりのおどろおどろしさに、ネット上では「地獄でもテレビがあれば楽しいと言いたいのか?」「冗談でも、新年のあいさつとしてありえない」「正月から縁起が悪い」「悪趣味すぎる」という声が相次いだ。

地獄絵図の看板を含む、ほかの画像を見る

 また、中央に描かれた閻魔の両脇に立つ人物が、和服や仏教的な装いではなく、韓国の男性向け民族衣装である“マジ・チョゴリ”に似た服を着用し、頭に“カッ(笠子帽)”のようなものを被っていたため、「日本人が韓国人に拷問されてる?」「フジテレビの象徴だ」などと話題に。さらに、昔、朝鮮で使われていた拷問器具の“首枷(くびかせ)”を付けている罪人まで描かれていたため、「フジテレビは何か言いたげだな……」「さすが“韓流押し”のフジテレビ」という声が相次いだ。

 その後、この看板が数日で撤去されたため、ネット上では「批判が殺到したからでは?」と臆測が飛んだ。念のため、フジテレビの広報に確認すると、「(撤去は)予定通りです」との回答。どうやら“松の内”の間に撤去する予定だったようだ。併せてイラストの意図などについても聞いたが、「担当者がいない」とのことで回答は得られなかった。

「ブーム時は、韓国ドラマやK-POPなど、韓流押しが目立ったフジテレビですが、今やグルメ番組で韓国料理を取り上げるだけで、視聴者から批判が寄せられるほどのピリピリムード。さすがの同局も、昨年春から韓国ドラマの定期放送を取りやめています。常識的に考えれば、新年一発目から韓国とフジテレビの結びつきを連想させるようなビジュアルは制作しないはずなので、真相が気になりますね。それ以前に表参道駅といえば、明治神宮からも近いため、参拝客の家族連れも、この看板を目にしたでしょう。公共の場で、正月からなんの説明もなく地獄絵図を見せるのは、ちょっと非常識だったのでは?」(番組制作会社関係者)

 結局、どんな意図で掲げられたのか分からないまま、数日で撤去されてしまったこの看板。2014年のフジテレビを象徴するイラストとして、受け止めていいのだろうか?