●Black Shaman ASSAULT -法師‐

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©あざの耕平・すみ兵/富士見書房/東京レイヴンズ製作委員会

<キャスト>
土御門春虎:石川界人
土御門夏目:花澤香菜
阿刀冬児:木村良平
北斗:金元寿子
大蓮寺鈴鹿:佐倉綾音
コン:豊崎愛生
倉橋京子:喜多村英梨
百枝天馬:下野紘
大友陣:遊佐浩二
倉橋 美代:平野文
木暮善次郎:高橋伸也
鏡伶路:吉野裕行
大連寺 利矢:矢島晶子
富士野真子:三石琴乃
木府亜子:久川綾
烏天狗:南央美
宮地磐夫:石塚運昇
弓削麻里:井上麻里奈
蘆屋道満:飛田展男
早乙女 涼:橘田いずみ

●ストーリー
『ぼく、シキガミになる。ずっと一緒にいて、ずっと護ってあげる』
それは遠い昔の約束。彼がまだ“将来”の意味を知る前の――。

霊的災害<霊災>が多発し、陰陽師たちが活躍する現代。
土御門春虎はトコトン運の悪い少年だった。陰陽師の名門に生まれながら才能はからっきし。この16年の人生で、死にかけた回数12回。そしてある夏の日、極めつきの受難が、彼の前に訪れる。

「久しぶりです――春虎君」

土御門家次代当主である幼なじみの少女、夏目。
彼女との再会が、春虎をかつて見た“将来”へ――波乱に充ちた“未来”へと導き始める!
●夢の中
北斗「春虎、春虎、春虎ってば!」
土御門夏目「どうしました?春虎君!」

土御門春虎が夢の中で見た夏祭りの光景、そこにいた北斗の姿と土御門夏目が彼には重なって見えたようです。

元々北斗は土御門夏目の簡易式神であったため、そう見えても不思議は無いのですが…。

※当然ながら土御門夏目から見た彼についても同様の事が言えます。
●才能
土御門夏目「私、春虎君に嫌われちゃったのかな?」

土御門夏目がそう感じているのは、土御門春虎が愛しているのは北斗であり自分ではないという事。但し、それは彼女の認識が大きくずれているようで…。

※大蓮寺鈴鹿と倉橋京子、いつの間にか仲良しになったようです。

さて、百枝天馬、彼は最近元気がないようです。それは百枝家も代々陰陽師の家系で、彼の両親は汎用の市販式神を開発・販売した事もあって、彼に対しての周囲の期待は高かったようです。ところが彼自身はその才能に対して限界を感じている模様。

大友陣「陰陽師になれるのは才能だけじゃちゃうで!」
●神テロ
土御門春虎と土御門夏目の恋仲、土御門夏目としては自身が北斗とほぼ同一人物である事を伝えたいと考えていても、それによって彼が自分から離れてしまう事を懸念して、なかなか言い出せません。

早乙女 涼「それは青春という名の乙手術ね。」

幼女好きの早乙女 涼。自らを幼女先輩と名乗る彼女。彼女は2人の関係を全て見透かしているようです。

話は変わって、その日の実技系の授業が全て変更になっています。それを訝しんだ一同。昼にテレビを視聴していると、秋葉原の陰陽庁の庁舎に大規模な神テロの報が!

蘆屋 道満「さて、はじめるかの。」

「東京レイヴンズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「東京レイヴンズ」第12話「大蓮寺鈴鹿、勘違い?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「東京レイヴンズ」第11話「大蓮寺鈴鹿、反省!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「東京レイヴンズ」第10話「猫かぶり大蓮寺鈴鹿」(ネタばれ注意)
【アニメ】「東京レイヴンズ」第9話「鬼角と言えば…」(ネタばれ注意)
【アニメ】「東京レイヴンズ」第8話「鵺」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「東京レイヴンズ」TVアニメ公式Webサイト
「東京レイヴンズ」AT-X公式Webサイト