写真提供:マイナビニュース

写真拡大

正月のめでたい初夢の1つ、なす。英語で「eggplant」というのはみなさんもきっとご存知でしょう。でも、そんなに「卵」に似ているでしょうか? 実は18世紀ごろまで、ヨーロッパで「なす」といえば白いものが主流だったのです。その白く丸く、つるつるした実がガチョウの卵に似ていたため、この名がついたようです。現代ではときどきグルメなレストランや高級スーパーなどで白なすを見かけることがありますが、むしろこちらが主流で、紫のほうが変り種だったのですね。

英会話スクール通いが難しい方へ
24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。