写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2020年に東京でオリンピックが開催されます。まだ先のことと思っていても、準備期間も含めれば早い段階から英語が必要になるシーンが増えるはず。そこで、来日する外国人をおもてなしするために覚えておきたいフレーズについて、国際的なマナーなどとともに英語を教えるオフィス・グレース代表の荒井弥栄さんに教えていただきました。

○今から英語を勉強した方がいい理由

――東京オリンピックはまだ先のことですが、今から英語を勉強した方がいいでしょうか?

荒井さん「おそらく、オリンピック開催の1、2年前から英語学習を始める人が多いと思います。しかし、英語学習において、一番時間がかかるのは『聞く』ということ。子供のときには努力せずにリスニング力を身につけられても、年齢とともに時間がかかってしまいます。

英語を耳で聞き取れなくては、話すことはできません。特に、仕事が忙しいと集中して学習する時間を確保できない場合もあるので、今から始めた方がよいでしょう」

――やはり、ホスト国としては、簡単な英語くらいは話せた方がいいのでしょうか?

荒井さん「オリンピックを誘致するということは、世界各国の人たちを招き入れるということでもありますよね。おもてなしの心は日本人にしみついていると思いますが、言語でコミュニケーションをとれなければ、真のおもてなしとはいえないのではないでしょうか。

日本の英語学習は形から入ることが多いので、いざというときに必要なフレーズが出てこないことが多々あります。リスニング力を身につけたら、シミュレーションなどを通した実践的なトレーニングを重ねていくとよいですね」

○「日常会話ができる」と思っている人ほど要注意!

――海外旅行などを経験していると、日常会話くらいならなんとかなると思ってしまいます。

荒井さん「『日本人が英語を話せない理由』でもお話ししたように、そう思っている人ほど、じつは日常会話すら身についていないことがありますね。

海外旅行では、単語を並べただけでも買い物ができるので、会話が通じているように思えるでしょう。それは、相手が理解しようと努力してくれるから。私たちも外国人に『欲しい、これ、白』といわれたら、その商品の白いものを欲していることは伝わりますよね。

ただ、それで『英語が話せる』と思いこんでしまうのは危険。決してコミュニケーションがとれているわけではない、ということは覚えておいていただきたいですね」

――リスニング以外にも、学習しておきたいポイントはありますか?

荒井さん「語彙力を増やすことですね。知らない単語を聞きとることはできませんし、意味を理解することもできません。語彙力がないということは、幼児が大人の会話を理解できないことと同じなのです」

○道案内をおさらいしよう

外国人観光客が増えれば、道案内を求められることも多いでしょう。そこで、覚えておいた方がいいフレーズを教えていただきました。

●道案内で使えるフレーズ集・Go straight down this street.(この道をまっすぐ行ってください)・Take a left.(左に進んでください)・Turn right at the next corner.(次の角を右に曲がってください)・You came too far.(行きすぎましたね)・Go straight along this street, and make a right turn at the first signal.(この通り沿いにまっすぐ行って、最初の信号で右に曲がってください)・It's on the other side of this street. / It's at the end of this street.(道の反対側にあります/この道のつきあたりにあります)・It's the second building from the corner.(角から2番目のビルです)・It's behind Prince Hotel.(プリンスホテルの裏手にあります)※「back」はビルなどの固定されたものには使用しない・It takes about five minutes on foot. / It won't take long.(ここから歩いて5分程度です/そんなにかかりません)

●乗り換えなどの説明に使えるフレーズ集 ・Take the train bound of for Shibuya on the Yamanote line.(渋谷行の山手線に乗ってください)・Change at Yurakucho station to the Yurakucho line.(有楽町駅で有楽町線に乗り換えてください)・It's the third stop.(3つ目の駅です)・Leave by the exit B5 of the subway. You'll see it on your left.(地下鉄のB5の出口から出てください。左側にあります)・You should take a taxi.(タクシーに乗った方がいいですよ)・I'm new here,too. / I'm stranger here,too.(私もここのことはよく知らないのです)・I'm going in the same direction.(私も同じ方向へ行きますよ)

荒井さん「私の母は過去の東京オリンピックで通訳を担当していたのですが、それでも政府の研修を半年以上受けたと言います。案内板の英語表記を変更する動きなどもありますし、日本固有の名詞については、今回も政府主導で決まっていくのではないでしょうか。

英語力を身につけるだけではなく、オリンピック関連のニュースをチェックするなどして、心から迎え入れられる体制を整えられるといいですね」

荒井弥栄Office Grace代表JALで国際線のCAとして10年以上勤務後、英語指導者に転身。エグゼクティブに特化した半年間完成プログラムで、英語だけでなく国際人として世界に通用するマナーや交渉事についてまでレッスンする。また、企業の英語研修・英語での接客を要する企業での接客英語指導・サービスマインド指導も行う。ウィットに富んだ講演やセミナーも好評。著書には2013年9月1日発売の『ファーストクラスの英会話 電話・メール・接待・交渉編』(祥伝社黄 金文庫)他3冊ある。Office Grace

(OFFICE-SANGA)