松たか子が初Disney映画声優、「アナと雪の女王」で3曲歌い上げる。

写真拡大

運命に引き裂かれた姉妹を主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いたディズニーのファンタジー最新作「アナと雪の女王」。その日本語吹替版で、ヒロインの声を女優の松たか子が担当することが決定した。

松が演じるのは、触れるものを凍らせてしまう“禁断の力”を持つ、雪の女王/エルサ。エルサは「愛する者を傷つけないために、誰とも会わずに部屋に閉じこもって暮らしていた。成長したエルサは新女王としての戴冠式に、力を制御できず真夏の王国を冬に変えてしまう。そして、人を傷つけるおそれのない氷の城で“雪の女王”となり、ありのままの自分を解放する喜びを生まれて初めて知る――」というキャラクターで、英語版ではミュージカル「ウィキッド」でトニー賞も受賞した実力派女優イディナ・メンゼルが演じた。

エルサが自分を解放し、雪の女王になっていくシーンで喜びとともに歌いあげる「Let It Go」は、トニー賞受賞の実力派作曲家ロペス夫妻が担当。第71回ゴールデングローブ賞でも主題歌賞にノミネートされるなどすでに全米で高い評価を受けており、ブロードウェイのトップ・スターが演じた難役エルサを一体誰が演じるのか、日本でも注目が集まっていた。なお、松はディズニー映画の声優初挑戦だ。

松を抜擢したディズニーの担当者は「本作は、ミュージカル要素も非常に強い作品であり、松さんが演じるエルサは、セリフを喋りながら歌も歌わなければならないという点で、非常に難しい役。高い演技力と歌唱力を兼ね備えた女性にお願いしたいと考えました。舞台や映画などで活躍し、松たか子さんの凛とした佇まいと気品に、自分の力をコントロール出来ず、雪の女王になっていくエルサという女性の感情の機微をセリフと歌で表現してもらえる唯一無二の女優だと感じています」と語る。

この大抜擢を聞いた松は「まさか自分がディズニーの世界に入れるなんて思ってもみなかったので、お話をいただいたことにすごいびっくりしました。でもディズニー映画のヒロインができるのなんて一生に一度なので、一生懸命チャレンジしようと、非常に嬉しく思いました」と喜びのコメント。

また、松自身がパワーに圧倒されたという、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルについて「まさか彼女と同じ役を日本でやるとは思ってもみなかったし、とってもいい経験になりました」と語り、ディズニー作品を通じて憧れの女優とも肩を並べることになった。

今作では劇中でエルサの歌う3曲を、松が実際に熱唱。特に日米2人のエルサが共通して歌う「Let It Go」はゴールデン・グローブ賞をはじめ各賞レースでも続々と受賞・ノミネートを果たすなど、ディズニー史上に残る名曲となっている。

本作は全米では昨年11月27日に公開され、公開2週目で全米週末興行成績No.1を獲得。そして公開6週目にして再び1位に返り咲くという、「アバター」以来の快挙も成し遂げた。日本では3月14日(金)、2D/3Dロードショー。

☆「アナと雪の女王」ストーリー

運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹、エルサとアナ――触れるものを凍らせる“秘密の力”を持つ姉エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまう。妹のアナは、逃亡した姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。アナの思いは凍った世界を溶かすことができるのか?