全6色

写真拡大

資生堂は、自社ブランドのマキアージュより、リキッド状口紅「エッセンスグラマラスルージュNEO」を2014年1月21日に発売する。

全国のドラッグストア、GMS、化粧品専門店、デパート等約1万1000店で扱う。また、資生堂ウェブサイト「ワタシプラス」でも販売する。

唇をうるおいで満たし、とどめる

この「NEO」は、11年7月の発売以来、累計出荷個数265万個を突破している「エッセンスグラマラスルージュ」を進化させたもの。唇の悩みを解決し、ふっくらとした理想的な唇を実現することを徹底的に追求し、開発。資生堂が行った調査から、乾燥、皮むけ、縦じわに悩む現代の女性たちの唇事情を分析した。

肌に比べて薄くデリケートな唇の表面の乾燥が引き起こす悪循環を防ぐためには、色・つやだけではなく、うるおいで満たし、それをとどめることが必要。

そこでエッセンスグラマラスルージュの特徴であった色とつやの2層分離技術をさらに進化させ、「3層分離技術」を開発。うるおい成分を資生堂調べで従来より20%多く配合した「うるおい注入効果」と、うるおいを密封しボリュームのある形をつくり、それが持続する「リップマスク効果」により、荒れや縦じわの目立つ唇にもひと塗りでぷるり感を導き、女性の理想の唇を実現する。全6色で、うち2色は数量限定。

同時に色・つや・うるおいと落ちにくさが好評の「トゥルールージュ」から、唇のくすみまでカバーするリッチな発色の新色と、目を約110%大きく見せる「トゥルーアイシャドー」の春夏シーズン限定色も発売する。

価格はいずれも未定。