【動画】逆向きに開く傘 UnBRELLA(アンブレラ)が人気

写真拡大

 骨を外側に付けるという逆転の発想で制作された傘「UnBRELLA(アンブレラ)」が人気を集めている。「UnBRELLA」の特徴は、通常とは逆向きに傘が開くため、さしやすく、濡れにくく、傘立てが無くても自立するという点。注文多数により現在は受注販売のみ受け付けており、次回の商品発送は4月下旬になる予定だ。

逆向きに開く傘「アンブレラ」が人気の画像を拡大

 「UnBRELLA」は生活用品の企画製造を行うh concept(アッシュコンセプト)のオリジナルブランド「+d(プラスディー)」から発売され、同社ではこれまで「アニマルラバーバンド」や「KUSA(クサ)」、「カオマルブラウン」といったオリジナル製品を展開してきた。デザイナー梶本博司により数十年の構想を経て生まれた「UnBRELLA」は、通常の傘と同様に上に向かって開くが、布地の部分が内側にそれるという仕組み。傘をたたむと濡れた面が内側になるので、外側が服に触れても濡れる心配は無いという。ライトブルーとネイビー、ターコイズの3色展開で、価格は9,450円(税込)。

 梶本博司は「ようやく実現したUnBRELLAは逆さまに開くことで既成概念をひっくり返す、まさに逆転の発想の傘です。骨が外側にあったり今までの傘との違いに最初は戸惑うかもしれません。でもすぐにその良さに気づいてもらえると思います」と公式サイトを通じてメッセージを掲載。昨秋の発売以来、テレビからウェブまで各メディアに取り上げられ完売状態が続いており、2月中旬発売分の購入申込は既に締め切られている。

■h concept
 http://h-concept.jp/