向後の7日株!:青天井相場目前!?複合化戦略・「食」のビッグデータビジネスに強みの好業績内需株(608X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

ライドオン・エクスプレス(6082)が今日の注目銘柄!

昨年12月3日に東証マザーズへ新規上場した同社に注目します。
上場日である12月3日には、上場来高値3260円をつけた後、初値3105円を割り込み2800円で取引を終えました。その後、12月5日に目先底である安値2570円をつけ、株価は上昇トレンド発生しつつあります。
なお、6日終値は3075円と、高値3260円を射程圏内に捉えています。

同社は、宅配事業における拠点ブランドとして宅配寿司「銀のさら」を、複合化ブランドとして宅配御膳「釜寅」/宅配弁当「銀のお弁当」等を直営及びフランチャイズにてチェーン展開しています。その他事業としては、は、子どもの描いたお絵かきに、アートコラボレーター(グラフィック・デザイナー)がコラボレーションすることにより、世界に1つしかない、新しいアートを創作するという「リトルアーティスト」を提供しています。

同社の強みは、全国各地に総店舗数500店舗以上、360ヵ所以上の宅配ネットワーク(インフラ)を保有しており、新サービス等のスピーディな展開が可能なことや、スケールメリットを生かした購買力があること、情報を自社システムにて集約、様々な角度から分析を行い、課題抽出、戦略立案が可能な点などです。

同社の宅配事業は、お客様の来店を想定しておらず、「銀のさら」を核として1拠点に複数のブランドを出店することが可能です。単一でも力のあるデリバリーブランド店舗を同一拠点内に複合化して出店することで、店舗設備・物流インフラ・食材・人財・顧客データなどを共有して生産性を高めつつ、売上を最大化しながら、さらなる収益化が見込める点は非常に大きな魅力です。

業績モメンタムは良好で、14年3月期通期業績は、売上高は165.83億円(前期比、2.8%増)、営業利益は9.12億円(同、68.4%増)、経常利益は9.01億円(同、69.1%増)、純利益は5.1億円(同、121.4%増)と営業利益では過去最高益を更新する見込みです。

チャート的には前述の高値3260円を上抜けることができれば需給が劇的に改善し、好業績を背景に、典型的な青天井相場に突入するとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
新生ジャパン投資

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。