ジャカルタ中心部のサービスアパートメント。家賃2500ドル(約25万円)前後、広さ50平米スタジオタイプ【撮影/長野綾子・以下すべて】

写真拡大

日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社JACリクルートメントで日系企業・日本人求職者のサポートを担当。ジャカルタ在住8年の長野さんが、活気・熱気あふれるメトロポリタン・ジャカルタの今をお伝えします!

 今回は、ジャカルタの住宅事情についてご紹介したいと思います。

日本人には馴染み深いマンションタイプ・アパートメント

 インドネシアでは「アパートメント」といういい方をします。ジャカルタの中心部や中心部を囲むエリアにさまざまなアパートメントがあります。

 ほとんどのアパートメントにはプール・スポーツジムなどの施設が整っていて、日本のマンションのイメージよりも高級感あるつくりのものが多いと思います。

 家賃はエリアによりますが、ジャカルタ中心部から近いところで、30〜60平米前後の部屋で月500〜1500ドル(5万〜15万円)、100〜150平米前後で月2000〜4000ドル(20万〜40万円)程度。インドネシアの物価から考えると高額ではありますが、ある程度の規模の企業でに勤めているインドネシア人なら、このぐらいの家賃のアパートメントに住むことが可能になってきました。

 日本のマンションと違うのは家具や家電が部屋に備え付けられていることです。部屋の大家さんによってインテリアの趣味がかなり違うので、なるべく多くの物件を見て、気に入る間取り・インテリアの部屋を探す必要があります。

 設備で何が付いているかは部屋により異なりますが、テレビ・エアコン・冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・ベッド・TVボード・テーブル・洋服ダンスは付いているところがほとんどです。
 
 親切な大家さんだと最低限の食器や鍋類などキッチン用品もセットになっています。引越ししたらすぐにでも生活ができるので、地方から出てくる人、外国人にはとても便利です。
 
 ただ、賃貸契約は1〜2年、家賃は1年分先払いということも多く、入居時にかなりの資金が必要になることと、賃貸契約を途中解約しても支払ったお金は戻ってきませんので、物件選びは慎重に行なう必要があります。

 賃貸契約は直接大家さんとする場合もあれば、不動産会社を通す場合もあります。いずれの場合も、備え付けの家電や家具などが故障・破損した場合にだれが責任を負うかでトラブルになることが多いので、契約の際には注意が必要です。

 アパートメントに住むメリットは日本と同じで、隣に誰が住んでいるか知らないことも多いぐらい、プライバシーが守られるということ。オートロック、カードキーがないとエレベーターに乗れないなどセキュリティ面は安心です。
 
 デメリットは先にもお話した家賃の先払いと、日本よりも広い部屋が多いため掃除が大変なこと。水道・電気代の支払い、飲み水の注文から、部屋でのトラブルに修理屋を呼んだりと、自分で手配することが多く手間がかかること。ただし、こうしたデメリットは安価で雇える家政婦さんを利用することで解決可能。以前ご紹介しましたが、週に2〜3回通いで掃除に来てもらうということもできます(月5000〜1万円ぐらい)。

 なお一人暮らしで、電気代は月5000〜1万円、水道代は月1500〜3000円、インターネット・ケーブルテレビ代月3000円ほどが別途必要です。

 最近は1日からでも貸し出しているアパートメントも出てきましたので(ヨーロッパなどでもよくありますね)、1週間〜1カ月の滞在であればホテルよりも安く借りられ、ホテルとは違った滞在を楽しむことができます。

 このほか、アパートメントに掃除(シーツ交換・タオル交換・食事など)が付いたサービスアパートメントというものもあります。単身の男性にとってはとても便利。家賃はアパートメントよりも若干高めで、月2000〜5000ドル(約20万〜50万円)、電気・水道代は込みのところもあります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)