外出先からスマートフォンによる操作にも対応(写真は、「nocria Zシリーズ」)

写真拡大

富士通ゼネラルは、従来の冷媒R410Aに比べて地球温暖化係数が約3分の1の新冷媒R32を採用するとともに、圧縮機など基幹部品を新たに開発し省エネ性能の向上と暖房能力ナンバー1を実現したルームエアコン「nocria(ノクリア)」ZシリーズとXシリーズを、2014年1月中旬から順次発売する。

外出先からスマートフォンによる操作にも対応

「ノクリア」Zシリーズは、圧縮機などの基幹部品を新たに開発し省エネ性能の向上と暖房能力ナンバー1を実現。リビングルームなど大きな部屋でも素早く部屋全体を暖める。エアコンの運転状況や外気温などを感知し、使用状況に適した節電アドバイスを音声で知らせるとともに、アドバイスに応じた運転の設定をワンタッチで実現する「節電お知らせ&ワンタッチ」機能を搭載したほか、家のどこからでも運転のオン/オフ操作が可能な「かんたんスイッチ」や、外出先からスマートフォンによる操作にも対応し、切り忘れなどムダな運転を防止する。

「ノクリア」Xシリーズは、独自開発の「DUAL BLASTER(R)(デュアルブラスター)」機能が進化して、きめ細やかな風向設定や心地よいゆらぎによる気流の制御によって、さらに上質な快適さを実現した。

Zシリーズと同様に室内外機の基幹部品の新設計で省エネ性能を向上し、トップクラスの暖房能力を達成するとともに、「節電お知らせ&ワンタッチ」や「かんたんスイッチ」など節電アシスト機能も充実した。

オープン価格。