いよいよ2014年の戦いがスタートする(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 1月9日(木)に開幕する「ソニーオープン in ハワイ」から2014年の戦いをスタートさせる石川遼が、この日成田空港から渡米した。
遼、昨季一時は疲労骨折寸前も…万全の状態で2年目へ
 昨年のアジア欧州対抗戦「ザ・ロイヤルトロフィ」からオープンウィークに入っていた石川は、国内での仕事をこなしつつ12月26日からは埼玉県内にある練習施設で同じ事務所の大江香織らと冬季合宿を張るなどしてすでにスタートしているシーズンの再開に備えてきた。
 2013-14シーズンはすでに3試合を戦い、「シュライナーズ・ホスピタルズ・フォー・チルドレンオープン」では2位タイに入るなど上々のスタートを切った。それでも、持病の腰痛にも苦しめられた昨年はシーズン終盤までにシードを決めることができず苦しんだだけに、「なにをするにもPGAツアーは甘くない。やるべきことをコツコツやってなるべく早くシードを決められればいいと思う」とまずは慎重な目標を自らに課した。
 それでも、「始まってみないとわからないし、その時の状況で目標も変えていいかなと思う」と順調にシードが決まれば目標はどんどん上げていく構え。PGAツアーでの優勝、さらには4月の「マスターズ」出場と目指すところは高いだけに、まずは2014年の序盤で足場を確保して2年目の飛躍につなげていきたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>