ヴァレンティノからメンズ用フレグランスがデビュー 2月発売

写真拡大

 「VALENTINO(ヴァレンティノ)」初のメンズ用フレグランス「ヴァレンティノ ウオモ オーデトワレ」が、インターモード川辺から2月7日に発売される。クリエイティブディレクターのMaria Grazia Chiuri(マリア・グラツィア・キウリ)とPierpaolo Piccioli(ピエール パオロ・ピッチョーリ)がディレクションを務め、ブランドのイメージする男性像を香りで表現した。

ヴァレンティノ初のメンズ用香水の画像を拡大

 「ヴァレンティノ ウオモ オーデトワレ」は、世界三大調香師の1人ジャック・ポルジュを父にもつオリヴィエ・ポルジュが調香を担当。ベルガモットやマートル、ジャンドゥーヤクリーム、シダーなどをブレンドし、洗練されたエレガンスな男性をイメージさせる香りに仕上げた。琥珀色のフレグランスを収めるボトルはリキュールボトルを連想させるデザインで、全体にスタッズのプリズムカットを施し力強い雰囲気を演出。ボトルの中央を飾るメタルバンドには「VALENTINO」のシグネチャーが刻まれている。

 「VALENTINO」メンズ用フレグランスの初代ヴィジュアルモデルには、俳優のルイ・ガレルを起用。イメージヴィジュアルはヨハン・レイクがデレクションし、デイヴィッド・シムズが撮影した。

■ヴァレンティノ ウオモ オーデトワレ
 50ml:7,100円(本体価格)
 100ml:10,500円(本体価格)