市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」 みなさん、あけましておめでとうございます! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。今年の「箱根駅伝」も大いに盛り上がっていますね。昔、陸上が苦手だった私にとって、箱根駅伝はかなり遠い存在でしたが、市民ランナーとなって早2年強−−。駅伝選手やオリンピックランナーの走りに自然と目がいくようになり、今では毎年観るのが恒例になりました。そして、箱根駅伝のニュースを見ていると、段々と興奮を抑えることができなくなり、「選手にはなれないけど、その気分を味わってみたい!」と思うように......。ということで、今回のテーマは、「RUN×箱根駅伝」。今回は箱根駅伝の10区のコースを体感してきましたよ! 箱根駅伝が幕を開ける2日前の2013年大晦日、実際に10区のコースを走ってみて、感じたことをお伝えします!「箱根駅伝」というのは、正式には「東京箱根間往復大学駅伝競走」という名称で、その名のとおり、出場権を得た大学の陸上選手が東京・読売新聞新社屋前から箱根・芦ノ湖までを往復する駅伝レースです。毎年、1月2日と1月3日に2日間かけて行なわれ、2日は往路5区間(108キロ)、3日は復路5区間(109.9キロ)、合計10区間(217.9キロ)を走って優勝を競います。実は私、昨年の夏に100キロマラソンの練習を兼ねて、2区途中から5区途中までの「横浜〜箱根湯本」を走ったことがあるのです(「箱根駅伝コースを走ってみました!」参照)。そのときは夕方から翌日の朝まで、約60キロの道のりを12時間かけて走り切ったのですが、箱根駅伝の行なわれる真冬の時期だと凍えてしまうでしょうね(笑)。往路の100キロ強を6時間弱で走る箱根の道のりを、私はひとりで走ったとはいえ60キロで12時間かかったわけですから、改めて「箱根駅伝の選手たちはこの日にすべてを賭けているんだな」と思いました。☆10区は鶴見中継所からスタート! そして、箱根駅伝を2日後に控えた2013年の大晦日。私は走り納めとして、「箱根駅伝10区」を走ってみました! 10区のコースは、神奈川・鶴見から東京・大手町までの23.1キロ。2日間の勝負を決める最終区間です。昨年は駒澤大学の後藤田健介選手が1時間10分49秒で区間賞を獲りました。 さて、私は10区のスタート地点である鶴見中継所、鶴見市場駅の交番前に14時ごろ到着。いざ現地に行ってみると、「交通規制」「ここで立ち止まらないでください!」という注意書きの看板が! 当日はランナーを応援するために多くの人が集まるんだろうな〜と思いながら、私は誰もいない鶴見中継所からひっそりとスタートしました。 10区は国道15号線をひたすらまっすぐ走ります。まずは川崎を越えて六郷橋へ。六郷橋という名称は、箱根駅伝の中継でもよく耳にしますよね! 往路の1区では六郷橋の下り坂で順位の変動が多く見られるので、重要なポイントと言われています。その後、蒲田、大森を通過して、私はちょっとひと休み。箱根駅伝ではあり得ないことですが、国道沿いのコンビニで肉まんを購入して食べました(笑)。コンビニには「箱根駅伝記念セール!」と書かれた特売の品々がいっぱいありましたよ! 10区のコースとなる国道15号線のお店の人たちにとっても、「箱根駅伝は年に一度のお祭り」なんだなぁと実感。その後、再び走り始めたのですが、コースの沿道にはコンビニ、コンビニ、コンビニ......。あまりにもコンビニが多かったので、私は「今度はアイスが食べたいなぁ」と思いながら走りました。こんなに食べ物のことばかり考えて走っている駅伝選手はいないでしょうね(笑)。 私が走った日は大晦日のせいか、国道15号線はとっても静かでした。本番は多くの声援に包まれて、さぞ華やかなのでしょう。大型トラックが私の走っているそばを豪快に通り過ぎ、身体が排気ガスまみれになったときは、さすがにちょっと寂しさを感じました......(笑)。クルマを通行止めにして、このコースの真ん中を走れたら、とっても気持ちいいでしょうね。その環境を整えてくれる警察官や、交通規制に協力する関係者の想いを想像すると、箱根駅伝への愛を改めて感じます。☆品川から大手町へ。そして感動のゴール! そして私は、品川を通過して、増上寺へ。このあたりは東京マラソンで走った土地勘のあるコースなので、気持ちも落ち着きます。さらに御成門を通過すれば残り約5キロとなり、テンションも上がってきてペースアップ。まるで気分は、10区を走っている駅伝選手です(笑)。しかし......、このあたりはビル風が強い! そういえば、東京マラソンを走ったときも同じことを感じていました。さらに、ビルの窓ガラスに反射する太陽の光も眩しく、体力が少しずつ奪われていくのです。私は、「がんばれ! 後方からランナーが来ているから抜かれるな!」と、沿道の声を勝手にイメージしながら走りましたよ(笑)。 そして、日比谷通りに入ると、皇居が見えてきました。大晦日の夕方とあって、皇居ランナーはほとんどいません。ラストスパートだと思い、京橋、日本橋と通過し、JRのガード下を潜ると、テレビでよく観る大手町のラストの直線が目に飛び込んできました。ようやくゴールの読売新聞社前です。この先にゴールテープがかかっているんだろうなぁと想像しながら、ついにゴール! 箱根駅伝10区、私は3時間弱で23.1キロを走り切りました! ふつふつと感動が沸き上がってきたので、ゴール前で興奮してしまいました。すると、箱根駅伝の警備隊の人に声をかけられ、「このあたりは封鎖しますので、あちらからお帰りください」と案内を受けることに。本番2日前ですが、ファンの方の場所取りもすごいのでしょうね。箱根駅伝の人気の高さを改めて感じました。 ものすごいプレッシャーを背負いながら、ビル風や太陽の光とも戦ってゴールを目指す10区−−。選手の重圧はとてつもなく大きいものだと思いました。それを乗り越えながらゴールを目指す選手たちの激走は、心に響きます。実際にコースを走ったからで、さらに箱根駅伝が好きになりました!【今週のRUN日記】12月27日(金) 休足日12月28日(土) 10キロ @皇居外周12月29日(日) 休足日12月30日(月) 休足日12月31日(火) 23.1キロ @箱根駅伝10区コース1月1日(水) 休足日1月2日(木) 10キロ @大阪城公園 今週の走行距離は、約43キロ。年始は、実家の大阪に帰省しています。いろんな場所で走るのが大好きな私は、さっそく大阪城公園を快走してきましたよ! 走る環境が変わると、初めは戸惑うかもしれませんが、慣れれば大丈夫。ランニングシューズと動きやすい服さえあれば、ランニングはどこでもできるのです。箱根駅伝に刺激をもらったので、いっぱい走っちゃいそうです! LET'S RUN WITH ME!!【profile】中島彩(なかじま・あや)1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。FMカオン(84.2MHz)パーソナリティ(月曜日担当)。TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」のコーナー『現場にアタック』キャスター(隔週火曜・毎週木曜)。中島彩●文 text by Nakajima Aya