使いやすさ、ケアのしやすさ、メンテナンス性をそれぞれ向上した。

写真拡大

パラマウントベッドは、在宅向け電動介護用ベッドの新製品「楽匠Zシリーズ」を開発し、介護用ベッドの主力製品として、2014年1月6日に発売する。

身体に負担のかかりにくい姿勢ですごせる

「楽匠Sシリーズ」の後継機種で、本人の自立を促すとともに介護者の負担も軽減する、まったく新しい背上げ機構を搭載した(一部機種を除く)。従来の背上げ動作に、ベッド全体が傾く動きを加えることで、起き上がり時の身体のずれや圧迫感を大幅に軽減。背上げ後の姿勢をしっかりと保持する。

新たな機構は、背上げした際に足先が座面よりも下がり、従来の背上げでは天井方向に向かいがちであった視線が生活空間に広がりやすくなる。また、上体が動かしやすくなるほか、身体に負担のかかりにくい姿勢ですごすことができ、ベッドからの離床もより容易になる。

視認性が向上した液晶手元スイッチや、適切なポジションを再現できるメモリーポジション機能を採用。また、ベッド下のフレーム構造を刷新し、ボードやボトム部の素材や形状を一新するなど、使いやすさ、ケアのしやすさ、メンテナンス性をそれぞれ向上。安全・安心に配慮した機能も充実している。96 種類のバリエーションから選べる。

オープン価格。