写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パルコはこのほど、北海道札幌市・札幌大通地区に「札幌ゼロゲート(仮称)」を出店することを決定し、札幌信用金庫との間で同信用金庫が所有する土地の一部を賃借することに関し「土地賃貸借予約契約書」を締結したと発表した。

○札幌パルコから連続する魅力的な商業空間を創出

同計画地は、札幌の商業中心地「大通地区」に展開する、札幌パルコ南側に位置する。同社は、札幌信用金庫から当計画地を借地した上で、同信用金庫が建築計画中の「(仮称)札幌信用金庫本店ビル」の北側に、新たに商業施設を建築し「札幌ゼロゲート(仮称)」として2016年春の開業を目指す。

新商業施設は、札幌駅からすすきの駅まで続く地下通路、地下街「ポールタウン」と地下2階レベルで段差なく接続するバリアフリー導線を設け、来街者の利便性向上を図る。同時に、札幌パルコから連続する魅力的な商業空間を創出することで、周辺エリアの回遊性を促進、賑わいの創出に寄与していくとしている。

所在地は、北海道札幌市中央区南2条西3丁目15-1。規模は、地下2階から地上4階。出店テナントの詳細などは決定次第、改めて開示する予定となる。

(エボル)