「デリケートな肌を優しく包む」

写真拡大

自然化粧品・食品の暮しと健康社(東京都文京区) は、肌を傷める原因の多くを遮断し、保護の役割を果たす新しいタイプのスキンケア用品「ファムズベビー」を2014年1月5日に発売する。

暮しと健康社「ファムズベビー」

北欧の極寒地帯の冬が長く空気が乾燥しやすい環境のなかで生まれた「ファムズベビー」は、従来の皮膚保護クリームでは不可能だった角質層の中への浸透を実現し、多重の保護層を形成することに成功したという。

手肌荒れの原因となる刺激物を遮断することで、手肌荒れ・乾燥肌を事前に予防して「肌を荒れさせない」バリアを形成する。また、塗りこむことで、摩擦にも圧力にも強くなるので、靴ずれ予防にも使用可能。肌を保護すると同時に潤いを与える美容効果を持つアロエエキス、ビタミンE を配合。

おとなの化粧まけやかぶれ予防、赤ちゃんなどのおむつかぶれ予防、さらに化粧下地に使用できる。また、イオン化物を反発させる性質が含まれており、金属アレルギー・ゴムアレルギー予防としても利用できる。

価格は1本2520円。