デザイナーが絹で作品制作「純国産宝絹展」開催

写真拡大

 伊勢丹新宿店本館7階の呉服フロアで、山口壮大ディレクションによる「純国産宝絹展」がスタートした。国産絹の魅力を伝えるイベントで、純国産の絹織物を用いた「ANREALAGE(アンリアレイジ)」や「keisuke kanda(ケイスケカンダ)」などの作品を展示。期間は1月7日まで。

「純国産宝絹展」 伊勢丹新宿本店で開催の画像を拡大

 国産の繭、生糸の生産量の減少を背景に「純国産宝絹展」では、ファッションというフィルターを通して、国産絹の魅力を発信。日本の絹のすばらしさを、「デザイン・技法・アイテム」を用いて紹介している。

 同展ではミキリハッシンの山口壮大がディレクションを務め、純国産の絹織物を素材に、ファッションデザイナーが「未来」と題して作品を展示。参加ブランドは「ANREALAGE」「keisuke kanda」「matohu(まとふ)」「Eatable of Many Orders 」「emi takazawa(エミ タカザワ)」「nir」「spoken words project (スポークン ワーズ プロジェクト)」「YOSHIOKO」。会場では「matohu」のストールや「nir」の足袋などが展示されており、期間中は林茂樹の江戸組紐製作など様々な実演プログラムが実施される。

■純国産宝絹展
 期間:2014 年1月2日(木)〜7日(火)
 時間:10:30 分〜20:00※2日は10:00〜より
 場所:伊勢丹新宿店本館 7 階=呉服 入場無料
 主催:蚕糸・絹業提携グループ全国連絡協議会
 後援:農林水産省 経済産業省 財団法人大日本蚕糸会
 問い合わせ:03-5642-6527 (蚕糸・絹業提携グループ全国連絡協議会事務局)
 実演スケジュール(いずれも午前 11 時〜午後 5 時 随時開催)
 〈龍工房〉林茂樹氏/江戸組紐製作実演
 1/4(土)・1/5(日)
 〈小倉商店〉林茜氏/結城紬地機実演
 1/3(金)・1/4(土)・1/5(日)・1/6(月)
 蚕糸科学研究所/座繰り実演
 1/3(金)・1/4(土)