アメリカ人が日本の宅配ピザの値段に驚くという話はよくある。

 たとえばアメリカのピザハットのMサイズ(直径約30cm=日本のLサイズに相当)ベーシックピザの値段は8ドル(約800円)だが、日本では同じサイズとトッピングで注文すれば1600円と、実に2倍。

 アメリカの人件費は日本より安い。

 日本の宅配ピザチェーンの時給は800〜1000円程度なのに対してアメリカのピザハットでは時給5〜8ドル(平均で7.27ドル)。

 アメリカではピザ代金とは別に配達員に2〜3ドルないし注文総額の20%程度をチップとして払う習慣があるため、店側は人件費を比較的安く抑えられるわけだ。

※米国ピザハットに人件費や食材原価について取材を申し込んだが、締め切りまでに回答は得られなかった。

※SAPIO2014年1月号