爆発で大使死亡 防犯装置作動か

ざっくり言うと

  • 1日、パレスチナのジャマル駐チェコ大使の自宅で爆発があり同大使が死亡した
  • プラハ警察は爆発は事故でありテロ攻撃ではないとみている
  • 金庫の扉に仕掛けられていた防犯装置が爆発した可能性が高いとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング